LIFEKU
facebook twitter twitter
『FEEL』vol.72 The 12th Anniversary!!!!!!!!!!!!@なまず亭(2013.12.17.TUE)
◎2013/12/22(sun) ※祝前日@なまず亭[Fukushima]
◎START / 21:00 Adv 2000yen Door 2500yen(別途1drink購入して頂きます)
*なまず亭 BLOG:http://catfish-market-j.blogspot.com
★Special Guest Live★
◎GAGLE
★Special Guest DJ★
◎DJ Mitsu the Beats & DJ Mu-R
■FEEL DJ's■
◎SEEYA
◎M-ROC
◎KENTA
◎TAKU
★Guest Profile★
◎GAGLE
DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなるHIP HOPアーティスト。JAZZY SPORT所属。仙台在住。1996年に結成。2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。その1年後、日本のHIP HOP CLASSICSの1つと名高い名曲『雪の革命』収録した1st Album「3 MEN ON WAX」をリリース。以来約10年で「屍を越えて」「若き匠たちへ」などの話題曲を含む4枚のアルバムをリリースをしている。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と評価が高いライブパフォーマンスを武器に着実にファンを獲得している。2011年3月11日、東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を制作&リリース。仙台で被災した彼らの目線で綴った力強くも温かいメッセージとサウンドに、注目が集まった。2012年7月にorigami production所属のOVALLとのコラボレーションアルバム「GAGLE × OVALL」をリリース。2013年3月13日GAGLE名義では久々となる新曲「聞える」を配信リリース。そして実に4年ぶりとなる待望の5th Albumが控えている。
*GAGLE:http://www.gagle.jp/
チケット取扱店
◎なまず亭
◎Curry Dining bar 笑夢
◎Curryria & Cafe 笑夢
◎Aoyagi
◎Little Bird
◎PICK-UP
◎absorb
◎Lapel
◎Roscoe
◎slap
◎Light the Fire
*INFO : black_fist_pro960@yahoo.co.jp
*FEEL Fukushima Facebook:https://www.facebook.com/pages/FEEL/195838407151533
*SEEYA BLOG:http://seeya-bf.jugem.jp
*M-ROC BLOG:http://m-roc2006.jugem.jp
『FEEL』vol.72 The 12th Anniversary!
『FEEL』vol.72 The 12th Anniversary!
^
「寺尾紗穂ピアノ弾き語り」@AS SOON AS(2013.12.13.FRI)
◎日時:2014年2月1日(土)19:00開場 19:30開演
◎会場:as soon as 福島市大町1-16
◎ご予約:
 ①前売り3,000円 ②当日3,500円 中・高生1,000円 小学生以下無料
 障がい者手帳お持ちの方1000円 介助の方は無料(全てドリンク代別途500円)
 ①Mail「sutou4514@yahoo.co.jp」宛に件名「福島寺尾」で、
 または、お電話「090-4041-6015(20時-24時)」で、
 お名前、電話番号、希望枚数、1000円以下に該当の方はその旨お知らせください。
 ②当日券は会場の店頭にて
◎寺尾紗穂プロフィール
11月7日生れ 酉年 東京出身 大学時代に結成したバンドThousands Birdies' Legsでボーカル、作詞作曲を務める傍ら、弾き語りの活動を始める。2007年ピアノ弾き語りによるメジャーデビューアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らからも賛辞が寄せられる。大林信彦監督作品「転校生 さよならあなた」の主題歌を担当した他、 CM、エッセイの分野でも活躍中。2012年に発表した5thアルバム「青い夜のさよなら」は、七尾旅人 / 鴨田潤(イルリメ)/ Kazumasa Hashimoto等と一曲毎にコラボした、2012年屈指の大名盤。先日リリースされた新作ミニアルバム「珈琲」も珠玉の弾き語り全6曲。
*寺尾紗穂:http://www.sahoterao.com/
*as soon as:http://www.swism.com/as_as
寺尾紗穂
^
病と闘う子ども家族のサポートハウス「パンダハウス」様へ義援金を寄付。(2013.12.09.MON)
日頃から皆さまにご協力頂いているF-PINS売り上げの一部を寄付させて頂きました。
福島県立医科大学にほど近い、福島市蓬莱町に所在する「パンダハウス」は、小児がん等の難病と闘う子どもとその家族を支援するための「家(病院近くの我が家)」です。居室3室を備えた64坪の住宅は、1997年にオープンしてから現在まで16年間、会費や寄付により維持・運営をしています。このたび、ライフク実行委員会は、「パンダハウスを育てる会 事務局」へ50,000円を寄付させて頂きました。
ご対応して下さったのは、理事長の山本佳子さん、副理事長の菊田洋子さん、会計担当理事の古関令子さん、そして、私たちとパンダハウスを繋いでくれた小島雄次さん。これまでの経緯、運営について、利用者の声、これからの活動など詳しくお話を聞かせて頂きました。現在は、東北関東圏ばかりでなく、北海道、名古屋、広島などの遠方からの利用者も増え、長期滞在を希望する方も増えているそうです。そのため、旧部分の改築、ハウスの増築は必須です。闘病中の子どもとご家族のため、今も精一杯の努力を重ね、運営・維持にあたるパンダハウスの皆さんを微力ながら支援したいと考えています。スタッフの皆さま、丁寧なご対応本当にありがとうございます。住宅利用者にはF-PINSのぬり絵も楽しんで頂けることになりました。
*パンダハウス
福島県福島市に「パンダハウス」という建物があります。「パンダハウス」は、1997年にオープン、小児ガン等の難病と闘う子どもと、その家族をサポートするための「家(病院近くの我が家)」です。福島医大病院で治療を受けている患者さんと、その家族が利用できます。福島医大病院から車で5分程度の場所にあります。福島医大病院の附属機関等ではありません。小児がん等は専門的治療が受けられる病院に患者が集中し、自宅から離れた病院に治療を受けに行くことが多くあります。福島医大病院にも県内外から、そうした子どもが入院し治療を受けています。自宅が離れ、外泊もままならない状況が続くと、病と闘う子どもも、付き添う家族も、自宅に残された家族も、身体的・精神的に大きな負担が生じます。そんな時に「パンダハウス」のような、家庭的な雰囲気の「病院近くの我が家」があることにより、入院中の子ども、親、家族が大切な時間を共有したり、付き添う親が体を休めたりといったことが出来ます。建物自体、素敵なカワイイ建物で、ボランティアの皆さん等の協力により、いつも清潔で気持ちの良い状態が維持されています。
ハウスは宿泊でも日帰りでも利用できます(一泊 1,000円と安価なので、利用者の経済的負担の緩和にも繋がります)。安価・安心・安全なハウスです。ハウスの具体的な利用のされ方としては、入院している子どもに付き添っている家族が「パンダハウス」で入浴・休息・洗濯・宿泊したり、入院している子どものために手作りの弁当を作ったりということや、病院から外泊許可された子どもが自宅が遠方の場合に、家族がハウスに集まり、自宅のように家族団らんのひと時を過ごすことが出来ます。様々な使われ方をする、子どもと家族の「安らぎの場」といったところです。
「パンダハウス」はNPO法人が運営しているのですが、役員の方々も含め、多くがボランティアの方々の力によって運営されています。そういう建物があるということを知ってもらっておくだけでも幸いです。もし、何か御協力いただけるということであれば、、、賛助会員加入、寄付、ボランティア参加、募金箱設置などなど、、、。いろいろな形で御協力いただけることもあります。
◎特定非営利活動法人パンダハウスを育てる会
〒960-8157 福島県福島市蓬萊町8丁目15-1
TEL:024-548-3711(お電話受け付け時間 10:00~15:00)FAX:024-548-3711
e-mail:pandahouse@oasis.ocn.ne.jp
*特定非営利活動法人パンダハウスを育てる会ホームページ:http://www.pandahouse.org/
*特定非営利活動法人パンダハウスを育てる会Facebook:
 https://www.facebook.com/npo.panda.house
パンダハウス
^
LIFEKU参加店の珈琲舎『雅』店主からのお願い。(2013.12.04.WED)
個人的なことで恐縮です。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年の全国高等学校サッカー選手権で富岡高校が県大会で優勝し、福島県の代表となりました。富岡高校は、第一原発から10キロ内にあった高校です。生徒たちは避難生活をしながら、福島北高校内にあるサテライト校に通い、十六沼公園で練習をしています。このサッカー部の監督が僕の友人(昔の飲み友達&今はコーヒーお客様)のなのです。しかし、大会に参加する費用が足りません。本来支援を期待できる、OBの方も町の方もあちこちに避難しているため、協賛金が思うように集まっていません。ニュースにもなり、ある程度支援の輪は広がっているようですが、11月27日で目標の6割だそうです。
そこで少しでも力になりたいと思い、お店でも協賛金の募集をしたいと思います。富岡高校のホームページをご覧になっていただければ、「趣意書」と協賛金の「資料」を読むことができます。遠方の方は、学校指定の口座に振り込んでいただく形になりますが、お店までお持ちいただければ責任を持ってお預かりします。お預かりする際に、お名前とご住所(住所は任意で)をお願いします。期間は明日12月5日(木)〜18日(水)まで。お預かりした協賛金は全額をできれば練習場所までお邪魔して直接監督に渡したいと思います。また集まった金額と渡した時の様子はお知らせいたします。
協賛金はあくまでも任意です。年末から試合が始まるので、覚えていただいて、皆さんに応援していただくだけでも嬉しいです。
よろしくお願いします。雅店主
*福島県立富岡高等学校:http://www.tomioka-h.fks.ed.jp/
*珈琲舎 雅:http://www5c.biglobe.ne.jp/~jyajya/
福島県立富岡高校
^
足田メロウ個展『mellow tone』@PICK-UP開催。(2013.11.30.SAT)
12月21日(土)開催のタテタカコ「人」リリースツアー『直立二足歩行の旅 福島編』@なまず亭の連動企画として、ライブ会場でライブペイントを披露する足田メロウさんの個展『mellow tone』が、PICK-UP 2Fで開催されます。期間中はPICK-UPのディスプレイにもメロウさんの作品が展示されます。また、期間中に無料配布される『足田メロウ特製ステッカー』をGETしてライブ会場へ来て頂くと、なんと特別価格にてご入場できます。是非、この機会に!!
◎日時:12月19日(土)〜23日(月)開場 11:00〜18:00(最終日17:00まで)
◎会場:PICK-UP 〒960-8033 福島県福島市万世町4-28(福島駅から徒歩約10分)
*足田メロウ個展「mellow tone」:http://ow.ly/qUAAQ
*音連れ:http://otozure.net
足田メロウ個展
^
タテタカコ「人」リリースツアー『直立二足歩行の旅 福島編』@なまず亭(2013.11.18.MON)
全国各地で″録り歩く″ツアーを行い、完成したLIVEレコーディングアルバム「人」をリリースしたタテタカコさんが久々になまず亭でLIVE! 迎えるのは地元福島から衰退羞恥心、いわきからミーワムーラ、LIVEペイントに足田メロウ。それぞれ沖縄ASYLUMや各地のLIVEで共演、交流のある四組が織りなす音と絵が響き合う素敵な一夜を味わいに、是非、お越しください。
◎日時:12月21日(土)開場 19:30 開演 20:00
◎会場:なまず亭 福島県福島市栄町11-10 栄町ビル3F
◎チケット:前売¥2,500 当日¥3,000 別途¥500(ドリンクorソウルシチュー)
 特別価格 ¥2,000(限定50名様)
 ※12月19日から福島市PICK-UP 2階にて開催の”足田メロウ個展「mellow tone」”で無料配布される、
 『足田メロウ特製ステッカー』をGETして持参すると、特別価格にてご入場できます。
◎出演:タテタカコ、足田メロウ(ライブペイント)、衰退羞恥心、ミーワムーラ
◎ご予約&お問合せ:なまず亭 TEL 024-522-7013 音連れ info@otozure.net
*タテタカコ:http://www.tatetakako.net
*足田メロウ個展「mellow tone」:http://ow.ly/qUAAQ
*音連れ:http://otozure.net
タテタカコ「人」リリースツアー『直立二足歩行の旅 福島編』@なまず亭
タテタカコ
^
珈琲舎 雅、年内最後のコーヒーカップ店頭セールを開催!!(2013.11.13.WED)
益子の陶器市も終わり、カップを中心に新しい器が珈琲舎雅に入荷いたしました。新しいカップで美味しいコーヒーはいかがでしょう。年に2回のコーヒーカップ店頭セール、年内最後の開催です。ぜひご来店ください。店頭セールの期間中、珈琲豆は20%OFF(ギフトを除く)、珈琲器具と器は10%OFFになります。
詳しくはブログ「http://mabotsubo.exblog.jp/」をご覧ください。
◎日時:11月18日(月)〜23日(土)
 ※23日(土)は祝日ですが、10時より通常営業いたします。
◎場所:珈琲舎 雅 〒960-8112 福島市花園町7-11 TEL 024-536-8688
*珈琲舎 雅ブログ:http://mabotsubo.exblog.jp/
*Miyabi Coffee House facebook:https://www.facebook.com/miyabi.coffeehouse
珈琲舎 雅、年内最後のコーヒーカップ店頭セールを開催!!
^
「りんご畑の収穫祭」@あんざい果樹園開催!!(2013.11.11.MON)
今年もまた、りんごが美味しく実り、福島の秋も日に日に濃くなっています。「あんざい果樹園」と「りんごハウス」を訪ねて来られた方々の笑顔を楽しみに、それぞれを思い描きながら、「あん果樹」一帯も変化の時季を迎えています。たわわに実る紅玉、ふじ、陽光・・・、色鮮やかなりんごに囲まれながら、収穫の喜びと、一年の無事をみんなでお祝いできれば嬉しいです。今年は少し趣向を凝らして「りんご畑の収穫祭」と題して、これまでご縁を頂いた素敵なゲストをお迎えし、お話会やお食事会などを準備してみました。
◎日時:11月22日(金)・23日(土)
◎場所:utsuwa galley あんざい / リンゴはうす 〒960-2261 福島市町庭坂字原ノ内14 地図
◎ゲスト・出店:エバレット・ブラウン、中島デコ、たべるとくらしの研究所
◎予約:電話 024-591-1064(安齋 10:00〜17:00)、またはメール ringogo.house@gmail.com
    予約希望名(其の?)、代表者名、申込み人数、電話番号をお申し付けください。
*其の1:トーク&収穫を祝う夕食会『福島の未来を照らすもの』エバレット・ブラウン
福島のクリエイター達を撮り続けるフォトジャーナリストのエバレット・ブラウンさん。今、世界に誇れる日本、福島の魅力は?そんなグローバルな視点から、私達の未来について語り合いませんか。そしてお話しと共にお食事をご用意します。自然の恵みに感謝して、みんなで楽しい時間を過ごしましょう。福島市在住のマクロビオティック料理教室主催、渋谷桃代さん作の特製お弁当が登場します。
・日時:11月22日(金)18:30〜21:30(トーク18:30〜20:30)
・会場:リンゴはうす
・参加費:3,500円(1ドリンク付・定員30名)
*其の2:トーク『食のこと、これからのこと』中島デコ
最初にお会いした印象は「なんてキュート」でした。ずっとお招きしたかったマクロビオティック料理研究家の中島デコさんと、食のこと、これからのこと、私達にできる事を考えていきたいと思います。
・日時:11月23日(土)10:30〜11:45
・会場:utsuwa galley あんざい
・参加費:2,000円(定員30名)
*其の3:収穫を祝うお昼とおやつの時間
・日時:11月23日(土)12:00〜16:00
・会場:utsuwa galley あんざい
・メニュー:あんざい果樹園のりんごのお菓子 etc(中島デコ)
      収穫祭ランチ(限定)、酵素ジュース etc(たべるとくらしの研究所)
*エバレット・ブラウン / 中島デコ:http://www.everettkennedybrown.com/index2.html
*あんざい果樹園:http://www.ankaju.com
*あんざい果樹園facebook:https://www.facebook.com/Anzaikajyuen
*りんご畑の樹の下でfacebook:https://www.facebook.com/gingo.fukushima2012
「りんご畑の収穫祭」@あんざい果樹園
^
ささき牛乳「牛飼いワークショップ」を開催します!!(2013.11.08.FRI)
ささき牛乳で、実際に牛に触れてもらうワークショップです。直接餌をやり、牛乳を搾ります。牛の体温、一頭ごとの性格、食べっぷりを直接体感してみませんか? リアル「銀の匙」!
夕方16時に集合して頂いた後に作業内容を説明し、16時30分から作業開始。まず、分担して餌をやって頂き、その後1人で1頭の搾乳を一通りやって頂きます(約10分間)。作業時に使用する「帽子」「作業着」「長靴」は、それぞれご準備をお願いしますが、もし無ければこちらでご用意いたします。事前にお知らせください。
◎日時:12月14日(土)16:00〜18:00
◎場所:(有)ささき牛乳 福島県福島市佐原字入左原50-1 地図
◎参加費:1,000円
◎募集人数:先着3名(小学校高学年以上)
◎申込方法:佐々木光洋Facebookのメッセージからお願いいたします。
 https://www.facebook.com/mitsuhiro.sasaki.52
*(有)ささき牛乳:http://www.moo23.com
*佐々木光洋Facebook:https://www.facebook.com/mitsuhiro.sasaki.52
*ささき牛乳Facebook:https://www.facebook.com/fullmoo2
*(株)NTT東日本福島「福島の空」ふくしま人 佐々木光洋
 http://www.ntt-fukushima.com/fjin/028/index.html
ささき牛乳「牛飼いワークショップ」
^
こどもとおとなの「湯びらきまつり」@綱島温泉へLIFEKU出店!!(2013.10.23.WED)
畳ひろがる大きな広間と、ほかほかあったか大きな湯船。ごろりとあそぶ。ふろはいりゃひらく。ひらいてはじまる、たのしいごえん。ゆかいなおまつり、はじまるよー。渋谷から急行に乗ってしまえば20分という近さのところに、こんな ところが!? きたる11月30日(土)、そんな素敵なレトロ空間「綱島温泉」で、音楽やパフォーマンス、ワークショップ、マーケットが楽しめるイベント「湯びらきまつり」を初開催します。「湯+ひらく」で、湯びらきまつり。そのこころは。
大きな湯船につかって一息つけば、こころもからだもぽかぽか、自然と、ぱかーっとひらく。音楽やワークショップ、色とりどりのマーケット、美味しいごはんにおやつ、飲みもの。友達や家族とわいわいごろごろ、いつもよりリラックスしてオープンに、お隣さんとも一緒になって、笑い合って楽しんだら、あたらしいごえんを持って帰っていただけるかな、なんて。つながろう、つながろうとはよく言うけれど、ひとりひとりが “ひらいて” いないと、つながることってなかなかできないと思うのです。
お風呂というのは、1日の終わりにふぅ〜っと力を抜いたり、ゆっくり話をしたり、ふれあったりする、ひらきの場。綱島温泉の大きなお風呂で、そこに集う人たちが同じ湯船につかり、ひらき、その輪がぐるりとつながり、ひろがるようなまつりの日を、つくりたい。そんな想いから、つながりのある素晴らしい出演者のみなさん、ワークショップ講師のみなさん、マーケット出店者のみなさんに集まっていただき、湯びらきまつりが、生まれました。冬が間近に迫る晩秋の11月末日、あったか〜い温泉につかりがてら新たな輪をつなぎに、ぜひお越しくださいませ〜。
湯びらきまつりはもちろん、子連れ限定イベントではありません。お友達とわいわいでも、カップルでも、妊婦さんでも、家族連れでも、こどももおとなも平等に楽しめるおまつりです。(湯びらきまつり様のホームページから引用)
◎日時:11月30日(土)11:00〜18:00
◎場所:綱島ラジウム温泉 東京園(通称:綱島温泉)
    横浜市港北区綱島東1-8-11(東急東横線 綱島駅:徒歩1分)
    ※隣にパーキング有り(新水パーキングセンター:100円/15分、当日最大1600円)
◎チケット:おとな3,500円(当日4,000円)小学生1,500円(未就学児無料!)
      温泉入り放題、ワークショップ参加費込・材料費別途
      http://koryase.com/yubiraki/reservation/
*湯びらきまつり:http://koryase.com/yubiraki/
*湯びらきまつりFacebook:https://www.facebook.com/yubiraki
湯びらきまつり
湯びらきまつり
^
今治市民の森フラワーパークで開催の「ハズミズム」へLIFEKUが出店!!(2013.10.18.FRI)
ハズミズムは「家族」をテーマにした音楽会です。一人でじっくり。夫婦でゆっくり。子供と一緒にわいわい。終わったらぐったり、ではなく、帰り道には一日の残りの時間を楽しめる。「ハズミズム」が目指すのはそんな音楽会です。出演するのは「家族で参加できる音楽会」に賛同してくれた素敵なアーティスト。ワークショップやマルシェもあるので、音楽会での過ごし方は自由。子ども連れでも気兼ねなく過ごせるよう、オムツ替えのスペースや授乳スペースも設えています。ステージのそばには滑り台などの遊具もあり、広々とした緑の中で子供達は遊びながら、音楽会に参加することができます。夕暮れには終わるので、帰りは家族でご飯を食べたり、今治の街に立ち寄ったり、一日の残りの時間を思い思いに楽しむことができます。こころ弾む、会話弾む、新しい家族のリズムを生み出す音楽会。「ハズミズム」にどうぞ遊びにきてください。(ハズミズム様のホームページから引用)LIFEKUも会場でF-pinsを販売させて頂きます。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。
◎日時:11月3日(日)開場10:00 開演11:00(小雨決行)
◎場所:今治市民の森・フラワーパーク 野外ステージ
    愛媛県今治市山路662-1(最寄り駅:JR四国予讃線「今治」駅下車 徒歩約35分)
◎チケット:前売券¥4,500 当日券¥5,000
 ※小学生以下は保護者の同伴に限り入場無料。また、身体障害者手帳をお持ちの方は入場無料。
◎ARTIST:二階堂和美、ASAーCHANG、曽我部恵一、ふちがみとふなと、赤い靴、
      中ムラサトコ、バロン、ICHI
◎WORKSHOP:kodomo、山ぐるみ(山さきあさ彦)
◎SPECIAL EXHIBITION:ガケ書房、コトバヨネット
*ハズミズム:http://www.hazmism.com
*ハズミズムFacebook:https://www.facebook.com/hazmism
今治市民の森フラワーパークで開催の「ハズミズム」へLIFEKU出店!!
^
LIFEKUのあんざい果樹園が「もみじ市」へ出店。LIFEKUもF-pinsを販売!!(2013.10.14.SUN)
もみじ市とは、陶芸家、布作家、料理家、音楽家、農家、イラストレーター、エッセイスト、カフェなどさまざまな”ものづくりびと”が集い、青空の下(希望)、2日間だけのマーケットを開く「大人の文化祭」。2006年の11月に第1回のもみじ市を開催して以来、秋はもみじ市、春は花市の名称で、年に2回開催してきましたが、2009年より年に1回、もみじ市のみの開催に。今回で、9回目の開催となります。(もみじ市様のホームページから引用)LIFEKUもあんざい果樹園のブースでF-pinsを販売させて頂きます。みなさんとお会いできることを楽しみにしています。
◎日時:10月19日(土)~ 20日(日)11:00~16:00(19日)10:30~15:30(20日)入場無料
◎場所:多摩川河川敷(東京都調布市・京王線京王多摩川駅より徒歩5分)
※雨天・荒天時の場合は中止とさせて頂くこともあります。
 中止の場合は、当日の午前7時に「もみじ市」ホームページでお知らせいたします。
*もみじ市:http://momijiichi.com
*あんざい果樹園:http://www.ankaju.com
LIFEKUのあんざい果樹園が「もみじ市」へ出店。LIFEKUもF-pinsを販売!!
^
写真家亀山ののこ写真展『100人の母たち』&トークライブ@東広島市(2013.10.11.FRI)
広島県東広島市のEARTH BERRY COFFEEで、写真家亀山ののこさんの写真展『100人の母たち』とトークライブが開催されます。 亀山さんは双子のお子様の母であり、2013年に起こった震災後の原発事故により、東京から福岡への避難者でもあります。広島、または近隣の方は、是非。
 「福島」と「広島」距離は遠いですが、F-PINSを通して、ぐっと身近に感じるキッカケになればいいなと思っています。10月17日~23日で、3,11以降に原発の影響から非難を余儀なくされた100人の母たちの明るく前向きな笑顔溢れる写真を集めた『100人の母たち』の写真展がEARTH BERRY COFFEEで開催されます。 20日の写真家「亀山ののこ」さんトークライブではF-PINSの販売もさせて頂きます。(EARTH BERRY COFFEE様のホームページから引用)
◎日時:写真家亀山ののこトークライブ 10月20日(日)定員40名 開場 12:00 開演 13:00
    前売り1200円 / 当日1500円(共に1ドリンク付き / 小学生以下無料)
    写真展 10月17日(木)~23日(水)入場無料
◎場所:EARTH BERRY COFFEE 〒739-0014 広島県東広島市西条昭和町6-2 ラフィーネ昭和町1F
◎お問い合わせ&チケット販売:アースベリーコーヒー TEL 082-421-6155
*EARTH BERRY COFFEE:http://earthberrycoffee.com
*EARTH BERRY COFFEE Facebook:https://www.facebook.com/earthberrycoffee
*本間四畳半 Facebook:https://www.facebook.com/honma4.5
写真家亀山ののこ写真展『100人の母たち』&トークライブ@東広島市
^
「第2回福島クダラナ庄助祭り」開催!! なまず亭とAS SOON ASも会場に!!(2013.09.28.SAT)
10月5日(土)、福島の街が超クダラナくなったことで伝説化されたクダラナ庄助祭り、今年もめでたく開催です!! マダムギター長見順・ギターパンダ・しりあがり寿が呼びかけ&発掘した、バンド、アーティスト、芸人、フツーの人、など多数出演予定! なまず亭やAS SOON ASなど、福島市内のライブハウスやカフェなどで同時開催。また、当日の「クダラナキッズ」も大募集! 楽器工作と演奏のOBANDOS + アフリカンダンスのコラボレーション! 作る楽器は3種類、ペットボトルマラカス、空き缶太鼓、ダンボール太鼓です。作った楽器で、民謡『会津磐梯山』などに合わせて演奏しよう! ハッピーアフリカンダンスのMoccoly&ウクレレと一緒に歌って踊ろう!『クダラナ舞踊楽団』の結成だー!!(プロジェクトFUKUSHIMA! HPから引用)
*プロジェクトFUKUSHIMA!:http://www.pj-fukushima.jp/event/201306post.php
*福島クダラナ庄助祭りFacebook:https://www.facebook.com/kudarana.info
「第2回福島クダラナ庄助祭り」開催!!
^
Record Shop "Little Bird" 8th Anniversary Special Party !!!!!!!!
F-PINS"LIFEKU"も出店 !!!!!!!!(2013.09.17.MON)

みなさん共に新しい福島の歴史の1ページを・・・・。こんにちは、福島市のレコード&CD店リトルバードです。 おかげさまで音一筋に邁進し、当店は10月を持ってオープン8周年を迎えます。ということで皆々様の感謝の気持ちをカタチにしたく、来たる10月26日の土曜日に福島市CLUB NEOにて8周年パーティーを開催致します!! 豪華出演者によるスペシャルDJセッション、そしてSpecial Band編成によるLIVE、当夜限定のスペシャル笑夢カレーなど類を見ない特別な一夜を演出したいと思います。是非この機会にピースフルな空間、素晴らしい音楽,共存しあえる仲間たちとの出会いを体中で体感してみては如何でしょうか!! それでは皆様のご来場を会場でお待ちしております。 Little Bird / DJ MARCY

Record Shop "Little Bird" 8th Anniversary Special Party !!!!!!!!
◎2013.10.26(sat)PLACE : Club NEO(Fukushima)START / 20:00
◎Adm:4000yen Door:4500yen ※入場時別途1ドリンク(500yen)を購入して頂きます。
★Special Guest Live★
Little Bird 8th Anniversary Special Band
◎Vo/Keyco
◎Mc/HUNGER
◎Key/45 a.k.a. SWING-O
◎B/ROOT SOUL
◎Gt/Shingo Nagasaki
◎Dr/KUBO
◎Sax/CHI3CHEE a.k.a HIKITCH
★Special Guest DJ★
◎Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive)
◎DJ JIN (Rhymester/breakthrough)
◎T.SEKI (Sound Of Blackness)
◎DJ Mitsu the Beats (GAGLE/Jazzy Sport)
◎grooveman Spot (ENBULL/Jazzy Sport)
◎YOSUKE TOMINAGA (CHAMP)
◎DJ Mu-R (GAGLE/Jazzy Sport)
■DJ■
◎SEEYA(FEEL)
◎Shuji Sugeno (Blue Skeches)
■HOST MC■
◎MONOm.i.c
□FOOD□
◎Curry Dining bar 笑夢
2006年にCurry dining bar 笑夢をオープンさせる。『カレーコミュニケーション』をモットーに日々進化、スタイリッシュなカレーをデザインし続けながら『らしさ』という笑夢ブランドを構築中。2012年10月に念願の笑夢2号店を福島市森合にオープン。『枠』にとらわれないカレー専門店としてCafeテイストを取り入れながらカレーの楽しみ方を提案 独自の路線を思考中。カレー&スパイスが持つ力を最大限に表現し福島を拠点に更なるステージへと笑夢の挑戦は続いている。
□F-PINS"LIFEKU"□
"LIFEKU(ライフク)" は、福島に来る、福が来る、福島に暮らすの意味。 福島の商人同士が協力・共存して、商業振興と社会貢献を行い、福島のセンスとスタイル、そして情報を伝えます。
★GUEST PROFILE★
◎Keyco(Vo)
類稀な歌声を持つ唯一無二のシンガー。2000年 のデビューから現在まで、オリジナルアルバム5作コンセプトアルバム5作を発表。レゲエ、ヒップホップ、ジャズ、ファンク・・・あらゆる現場で数々のセッションをこなす。'05年にオリジナルバンドを結成、 '06年に盟友LIBROとのエレクトロニカ・ユニット「Fuuri」を始動、近年はHIFANA&ZAMURAI との コラボレーションなど、生音とデジタルの融合を意識しつつ最新型SOUL MUSICを探求中。音楽以外に絵やエッセイ、イラストの出展、ジュエリーデザインを手掛けるなど、ファッション・アート等でも注目を集めるマルチアーティスト。
http://keyco.jp
http://mob.keyco.jp/
◎HUNGER(Mc)
仙台出身のHIP HOPグループGAGLEのMC。JAZZY SPORT所属。滑舌の良さとパーカッションのようなリズミカルなタッチの早口のラップで一躍名を挙げる。評価が高いライブパフォーマンスを軸に活動して いく中で、「雪ノ革命」「屍を越えて」など日本のHIP HOP CLASSICSの1つと数えられる名曲も生まれた。時代とリンクしながら生み出すメッセージ性の高いリリックは、世代を超えて愛されている。2011年 3月11日、東日本大震災を受けて急遽チャリティーソング「うぶこえ」を自主制作。仙台で被災した彼らの目線で綴った力強くも温かいメッセージとサウンド に、注目が集まった。2013年3月13日GAGLE名義では久々となる新曲「聞える」を配信リリース。今秋には実に4年ぶりとなる待望の5th Albumが控えている。MCとしての活動と平行し「繋がりから生まれるアイデアを形にする音楽ラボ」として地元密着型レコードレーベル「松竹梅レコーズ」を2003年より主宰。地元仙台のアーティストの音源制作や海外のアーティストとの連携プロジェクトなど40以上の作品を制作&リリースしている。10年の節目にあたる今年、また仲間と何か企み中。
http://www.gagle.jp/
http://www.showtikubai.com/
◎45 a.k.a. SWING-O(Key)
SOUL PIANIST /SOUL PRODUCER /SOUL大学教授、origami PRODUCTIONS所属izanami,JAMNUTSなどの活動を経てソロ活動をスタート、既に4枚のソロアルバムを発表。ソロ活動以外にも国内外のアーティストのサポート、楽曲提供、プロデュースも積極的に行なって来ており、参加したアルバムは既に100枚以上を数え、日々黒い音楽普及にアグレッシブに挑んでいる現在はソロ活動以外に椎名純平、竹内朋康らと結成したDezille Brothersとしても活動中。2013年10月には渾身のコラボアルバム『キムウリョン と 45トリオ』を発表する。
http://swing-o.info/
◎ROOT SOUL(B)
ベーシスト、プロデューサー、トラックメイカー、エンジニア。2005年ソロプロジェクトROOTSOULを始動。2007年『Spirit Of Love』12インチをEspesial Recordsよりリリース。2009年 1stアルバム『ROOT SOUL』をリリースした。東京のダンスフロアを見つめ続ける男が放つ、その世界標準ソウルサウンドは、Gilles Peterson, Ashley Beedle, Patrick Forge (Da Lata), Jazzanova,などなど世界のトップDJにプレイされ、Crossover, Rare Groove, Hip Hop,House,などあらゆるシーンから高い評価を得ている。沖野修也2ndアルバムDestiny、露崎春女トラックReal Love、COMA-CHI「Endless Rhythm」「真夏のサウダージ」をプロデュース。ベーシストとしてKyotoJazz Massive、吉澤はじめトリオ、DJ Kawasaki、 Yosuke TominagaのCHAMP7inch、COMA-CHI、近藤房之助&Black Shaft、Keyco、難波弘之トリオTheHits!?、13souls、Massan a.k.a. Celloに参加。またRoy Ayers, Dam-Funk, The Brand New HeaviesのN'dea Davenport, Cro-Magnonなどとの共演は大きな話題となった。現在、 待望のセカンドアルバム製作中。
http://ameblo.jp/rootsoul
◎Shingo Nagasaki(Gt)
1978年横浜出身。雑食。自身のバンドで歌い手としてフロントに立っていたこともあり、歌心溢れるギタリスト、コンポーザー。Spinna B-ILLのパーマネントバンドや伊原anikki広志とのギターDUO"venue"の他、独自の世界観のあるシンガー、ミュージシャンと数多く演奏を重ねる。2013/7/30に、オリジナルインストアルバム "Sun Goes Sun Down"をリリース。
◎KUBO(Dr)
2007年に結成、日本コロンビアでデビューした生音HIP HOPバンド、“JILTY SOUL” にドラマーとして加入。COMA-CHIのLIVEサポートなどの活動を行いつつ、現在はSWING-O a.k.a 45 (origami)率いる『45 trio』でも、その卓越したグルーヴ感と手腕を発揮している、頼れるドラマー。
◎CHI3CHEE a.k.a HIKITCH(Sax)
CHI3CHEE a.k.a HIKITCH、“THINK TANK”のSAX・エンジニア・トラックメイカーを務めるマルチアーティスト。LORD PUFF、KILLER-BONGの相棒。2人のプロデュースユニット“CUATROCIENAGAS”は多くの“BLACK SMOKERS”作品に関与する。2006年には、ソロアルバム『PIPE LINE』をリリース。その後も現場で様々なDJやミュージシャンとセッションを交わす。2011年夏、拠点を「愛と儀のまち米沢」に構えそこから様々な 人たちと交信中... 現場では艶やかでしっとりとした濃厚な甘い音色があなたを熟させてくれることでしょう…
◎Shuya Okino(Kyoto Jazz Massive)
DJ/クリエイティヴ・ディレクター/執筆家/世界唯一の選曲評論家。Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。開店以来19年で70万人の動員を誇る渋谷の老舗クラブ、The Roomプロデューサー。この5年間で世界30ヶ国120都市に招聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられる、本当の意味で世界標準をクリアできる数少ない日本人DJの一人。2011年4月、3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』(フォレスト出版)発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、amazonビジネス書/仕事術カテゴリーで1位を記録。同年7月、4年振り2枚目のソロ・アルバム『DESTINY』をリリース。iTunesダンス・チャートで1位、総合チャートでも3位を獲得。現在、Kyoto Jazz Massive 2nd Album制作中。
http://www.kyotojazzmassive.com/
http://www.extra-freedom.co.jp/
http://ameblo.jp/shuya-okino
http://twitter.com/shuyakyotojazz
◎DJ JIN(Rhymester/breakthrough)
日本を代表するヒップホップ・グループ、ライムスターのDJ/プロデューサー。ファンク/ソウル/ジャズなど幅広い音楽への深い理解に基づくモダンなサウンド・プロダクションと、時代/ジャンルを横断しつつ常に高品質なグルーヴ感溢れるクラブ・プレイで人気。また、世界中のクラブ・アーティストとクロスオーヴァーするDJ/プロデューサー集団〈breakthrough〉も主宰し、国内外のミュージック・ラヴァーから揺るぎない評価を獲得。豊潤な音楽的「軸」が一切ぶれることなく、実に幅広い層にアピールし続けられている稀有なアーティストのひとり。
http://twitter.com/_dj_jin_
http://www.rhymester.jp
◎T.SEKI(Sound Of Blackness)
東京渋谷にて'96-'07までSOUNDS OF BLACKNESSを主宰。 PRO DJ達のネタ元として国内外から高い支持を得ており、HIP HOP, SOUL, JAZZ, DISCO等のセレクション中心にその信頼度は厚い。DJとしても六本木SSB、渋谷オルガンバー、渋谷ハーレム、六本木Roots N等のプレイを経て、現在も様々な パーティーにてジャンルレスなDJ活動を展開中。
◎DJ Mitsu the Beats(GAGLE/Jazzy Sport)
ビートメイカー、DJ、プロデューサー。2003年にソロ・アルバム『New Awakening』をリリース。海外アーティストと積極的にコラボレーションを行う。2004年 L.A「URB」誌で期待するアーティスト100人に日本人で唯一選出される。日本全国各地で活動他アメリカやヨーロッパ・ツア ーだけでなくアジア圏でも成功し、海外でもその人気、認知度は高騰しつつある。2012は4/25 リリースのビートテープ「beat installments」をリリース、さらに名門ジャズレーベルblack jazzのofficial mix CD[solid black]を手がけた。2013にはGroove Merchant のofficial mix CDのリリースも予定されている。
http://www.gagle.jp/
https://www.facebook.com/pages/Dj-Mitsu-the-Beats/93149336415?fref=ts
◎grooveman Spot(ENBULL/Jazzy Sport)
世界が注目する新鋭ビートメイカー/プロデューサー 。MC U-Zipplain とのユニット Enbull のDJ & トラックメイカーであり、JazzySportの最重要選手。 ヒップホップは勿論のことソウル、ファンク、ジャズ、ハウス、テクノ果ては和物シティポップなど 育んできた音楽的経験をターンテーブルから発信し、"grooveman Spot"へと昇華。これまでに5枚のソロアルバムをリリースし国内外のDJ達にも高く評価されており海外でのDJing もここ数年増え続けている。2012、東日本大震災を機に出身地である仙台に居を移し地元ローカルで緩くも非常にユニークな活動を続け 待望の4thアルバム「PARADOX」そして5thアルバム『Began To Notice』をリリース!! 更には一十三十一、奇妙礼太郎、Negicco、ZEN-LA-ROCK、サイプレス上野&ロベルト吉野などの楽曲提供やREMIX WORKも2013年を騒がす。
http://ameblo.jp/groovemanspot/
◎YOSUKE TOMINAGA(CHAMP)
DJ/PRODUCER。 FUNKY JAZZY MUSICをコンセプトとし渋谷TheRoom屈指の集客、人気を誇るパーティー「CHAMP」のDJ/主宰。FUJI ROCK FESTIVALをはじめ日本各地にGUEST DJとして召集される。 2007年 UNIVERSAL MUSICからCDをリリース。2011年、自身のレーベル「CHAMP RECORDS」を立ち上げオリジナル音源にて7inchをリリース開始。1st「Daytona」、3rd「Phantom」はKENNY DOPEのMIX や 沖野修也オフィシャルコンピレーションCDに使用され、4th「Magnetic」はRYUHEI THE MANオフィシャルMIX CDに使用されるなど話題に。 2013年、NYのKAY-DEE RECORDSから日本人初のリリースも決定し、アルバムも本年度リリース予定。
http://blog.livedoor.jp/champattheroom/
◎DJ Mu-R(GAGLE/Jazzy Sport)
LIVEの評価が高いヒップホップチーム【GAGLE】の後ろを支える鉄壁の守備担当。クラブプレイではヒップホップを中心に、そこから派生する様々なジャンルをプレイ。長年のDIGと現場経験で培ったプレイスタイルは、ジャンルを跨いで幅広いオーディエンスを虜にしている。LIVE  MIXに拘ったMIX作品を定期的にリリースしており、そのファンも多く存在する。また、地元仙台で2005年から行われているDJパーティー 『Sound Maneuvers』@ADD (毎月第二金曜)を主宰している。現場からの信頼が厚いDJ。
http://www.gagle.jp/
https://twitter.com/DJMu_R
http://www.facebook.com/miura.koichi
□チケット取扱店□
◎Little Bird
◎NEO 024-522-3125
◎なまず亭 024-522-7013
◎PICK-UP 024-531-6355
◎BarnS 024-533-6553
◎OPTICAL YABUUCHI 024-522-2659
◎Total Plants bloom 024-557-5675
◎Curry Dining Bar笑夢 024-522-1841
◎Curryria & Cafe笑夢 024-573-7847
◎Lapel 024-529-6658
◎Roscoe 024-522-5549
◎drops 024-533-2928
◎absorb 024-522-7219
◎Light the Fire 024-522-6639
◎BROOKLIN 024-521-0340
◎slap 024-524-2119
[info]
◎Club NEO:http://www.neojpn.com/ neojpn2002@yahoo.co.jp
〒960-8035 福島県福島市本町5-1 B1F TEL/FAX 024-522-3125
Record Shop
Record Shop
Record Shop
^
今年も10月6日(日)「モリノネ」@正眼寺を開催!!(2013.09.14.SAT)
ライフク参加店のTotal Plants bloom、珈琲舎 雅、La Selvaticaが参加する、親子で楽しむ!お寺でマルシェ&ワークショップの「モリノネ」が今年も正眼寺で開催。モリノネが目指すのは、子供も大人も楽しみながら、お寺で買い物ができて、食べれて、作れて、遊べて、とにかく楽しい1日を過ごせる、そんな空間。沢山の福島­のショップさんが集まり、沢山の笑顔に溢れ、「素晴らしい福島」を体感できるイベントです。福島の良さを再発見できる場所で、是非、親子でお楽しみください。
◎日時:10月6日(日) 10:00~16:00
◎場所:正眼寺 福島県福島市森合字一盃森14
◎主催/お問い合わせ:森合会 gomoriai@excite.co.jp
◎出店:珈琲舎 雅、来音、笑夢、江戸政、町工房おりをり、橘内酒店、丸太屋、茶楽、La Selvatica、餃子のひぐち、鉄板料理 うらには、、Total Plants bloom、SARI NAIL、Lapel、菓子工房 風薫、oblibeny、ピエルジェム、BLOW、コハルビヨリ(ゲスト出店)、正眼寺(ゲスト出店)。
森合会では、モリノネの運営をサポートしてくれるボランティアスタッフを募集しています。会場設営や駐車場などの裏方ですが、楽しめること間違いありません。当日、スタッフ限定のまかないチケットでお店の味も楽しめます。一緒にモリノネしませんか?
※ボランティアスタッフのお問い合わせは、gomoriai@excite.co.jp まで。
*モリノネ:http://gomoriai.exblog.jp
モリノネ
^
郡山市立郡山第五中学校サッカー部の皆様からお礼のコメントを頂きました。(2013.09.11.WED)
先月、ライフク実行委員/横浜F・マリノスのコーチを務める小坂雄樹さんより、サッカーボール10個とドリンクボトルをご提供頂き、郡山市立郡山第五中学校様へ進呈させて頂きました。サッカー部顧問の小池さんのお礼状と共に、チームの写真と横浜マリノスの選手の皆さんへ子供達からお礼のコメントを頂きました。 その一部をご紹介させて頂きます。
◎郡山市立郡山第五中学校サッカー部顧問 小池清志さん
「過日は、横浜マリノスの選手の皆様の寄贈により、サッカーボールとボトルを頂くことができ誠にありがとうございました。本校サッカー部の選手達も驚きと共に大変喜んでいました。今使用しているボールも次第に破損がひどくなり少ない予算の中でどうしようかと思案していたところだったので、チームとしても大変嬉しく思います。」
◎郡山第五中学校サッカー部主将2年 河野孝行君
「僕達にサッカーボールとボトルを下さいまして本当にありがとうございます。僕達、郡山五中サッカー部は、新人戦に向け頑張っています。これから貰ったサッカーボールを使って、一生懸命練習して、技術の向上を目指して頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。大切に使っていきたいと思います。」
◎郡山第五中学校サッカー部 井上健太君
「横浜マリノス選手の皆さん、このたびはボールやボトルをありがとうございました。僕達も横浜マリノス選手の皆さんのようにプレーできるよう努力していきます。これからもJリーグでナイスなプレー期待してます。」
◎郡山第五中学校サッカー部1年 大竹拓也君
「ボールとボトルありがとうございます! いつか皆さんとプレーがしてみたいです。サッカー選手になれるように一生懸命頑張って、震災を登りこえてみせます。Jリーガーの試合を見ると、いつか僕もあそこに立ちたいと思い、勇気をもらっています。本当にありがとうございました。これからも頑張って下さい!」

LIFEKU実行委員/横浜マリノスコーチの小坂雄樹さん、本当にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願いします。
*福島県郡山市立郡山第五中学校:http://www.edu.city.koriyama.fukushima.jp/koriyama5-j/
*横浜F・マリノス:http://www.f-marinos.com
郡山市立郡山第五中学校サッカー部の皆様
^
珈琲舎「雅」屋外カフェ「Information CAFE」オープン!(2013.09.10.TUE)
オプティカルヤブウチ(福島市大町9-21)の脇にある芝生スペースで、ちょっとした休憩とお茶ができる屋外カフェをオープン。 同時に市内のお店のショップカードやイベントのフライヤーを集めて、街中の楽しい情報を提供します。 街中散策のきっかけ作りに「スタンプラリー」も開催。 まわったお店のポイントに応じて、ドリンクサービスなどの特典もあります。 ドリンクは、ホットコーヒー/アイスコーヒー/アイスカフェオレ/ジュースなど1杯300円。 パティスリールポさんの焼き菓子と久しぶりにカシュカシュさんのシフォンケーキをご用意します。 (シフォンケーキはドリンクとセットの販売になります。単品のお持ち帰りはできませんのでご了承ください) 連休に福島市内をゆっくりのんびり散策してみませんか? 一息入れに「Information CAFE」をぜひご利用ください。 雨天時は、ヤブウチビル内のスペースをお借りして開催します。
◎日時:9月15日(日)・16日(祝) 11:00~18:00
◎場所:オプティカルヤブウチ脇芝生スペース(雨天時はヤブウチビル内)
◎主催/お問い合わせ:「珈琲舎 雅」TEL 024-536-8688
 ※16日(祝)は、「12:30~17:30」花園町のお店も営業します。
【スタンプラリー協力店】
・OPTICAL YABUUCHI(大町9-21)眼鏡
・PICK-UP(万世町4-28)洋服
・Barns(宮下町18-30)洋服
・DROPS(宮下町1-20)雑貨
・うさぎや(大町3-10)うつわと雑貨
・biji(曽根田町3-14)雑貨/家具 ・器ひつじぐさ(宮町2-40)器(個展開催中)
・町工房おりをり(大町9-15)羊毛/糸
・Tschool(旭町8-23)雑貨
・珈琲舎雅(花園町7-11)(16日(祝)のみ)
◎協力店にもスタンプカード(限定20枚)があります。スタートはどこから初めてもOKです。
◎お店ごとにポイントが異なります。
◎5ポイント以上でドリンク1杯サービスします。
 10ポイント以上でさらにコーヒードリップパック(雅オリジナルで現在は非売品)をプレゼント。
◎交換はイベント期間中にイベント会場でお願いします。(2日間かけてまわってもOK!)
◎カードはお一人1枚です。
◎移動は徒歩/自転車をおすすめします。普段通らない路地など新しい街の風景をぜひ見つけてください。
◎移動中は交通ルールを守ってくださいね。(スタンプラリー中の事故や怪我等の責任は負えません)
それでは皆様のお越しを心よりお待ちしております。「雅」店主
*珈琲舎 雅:http://mabotsubo.exblog.jp/
珈琲舎「雅」屋外カフェ「Information CAFE」オープン!
^
「三春ARTS&CRAFTS 2013ファイナル」にLIFEKUが出店!(2013.09.05.THU)
9月14日(土)・15日(日)・16日(敬老の日)の3日間、三春町中町周辺にて「三春ARTS&CRAFTS 2013ファイナル」が開催されます! 各店舗で様々な種類の品物があったり、江戸職人の実演販売があったり、ワークショップが開かれたり、ライブが行われたり、うつわ屋さんの茶飲み話と楽しいイベントが目白押しです!!!皆さんこの機会を逃しては損ですよー!! ぜひ、ご家族ふるってご参加ください^^。(三春町観光協会様ブログから引用)
◎日時:9月14日(土)・15日(日)・16日(敬老の日)午前10時〜午後5時
◎会場:本陣本店、壱の蔵・弐の蔵、いとうカメラ店、蔵のカフェフローリン2階、三春町文化伝承館(旧吉田邸)※LIFEKUは、本陣本店で出店いたします。
*三春町観光協会:http://www.miharukoma.com/annai/index.php?e=87
食×アートのピクニックふくしましま2012年
^
2日間の食×アートのピクニック『ふくしましま』2013年11月2日(土)・3日(日)
参加ファミリー申込受付をはじめました!(2013.09.02.MON)

秋の山形で、食×アートのピクニックイベント「ふくしましま」を開催します。畑で里芋を掘って、みんなで山形名物・芋煮をつくりましょう。果樹園には真っ赤な林檎がざらんざらん。シナモンを効かせた焼きリンゴとコーヒーなんていかがでしょうか。ワイワイつくって、モグモグ、ペチャペチャ。お腹がいっぱいになったら、午後はアートの時間です。親子で工作をしたり、お菓子の町をつくったり。遊び疲れた夕方は、ゆったり映画を観たり、焚き火を囲んだりしませんか。東日本大震災のあと、ぐっと距離がちかくなった福島と山形。「ふくしましま」で、子どもたちの目がキラキラ輝く、特別な休日を、いっしょにつくりましょう。「美味しい!きれい!楽しい!」がぎっしり詰まった2日間、ふくしましま。アートは心のたべものです。
食×アートのピクニック「ふくしましま」を2013年11月2日(土)・3日(日)山形県村山市の農村文化保存伝承館にて開催します。2011年からはじまったTRSO(東北復興支援機構)の支援活動にご協力いただいた、アーティスト・団体のみなさんが山形に再集結!秋空のもと、2日間のワークショップイベントをおこないます。おなじみ、荒井良二さんを筆頭に、料理創作ユニットGomaさん、イラストレーターの平澤まりこさんが登場!その他にも、飛びだすビルド!のものづくりワークショップや、LIFEKU企画の福島と山形のおススメスポットを集めたMAPづくりに、サンデーブースのカメラ小屋、キャンドルリンクネットワークの蜜蝋を使った双子キャンドルづくり、在来作物をテーマにした映画「よみがえりのレシピ」の上映会など盛り沢山!また、福しまシリーズで全面的なサポートをいただいている山形ガールズ農場さん、手づくりパンNOUKAさんの「食」のワークショップも行います。2日間、みんなで収穫した野菜を使ったピクニックランチやジャムづくりなど、美味しく楽しめる内容です。
【参加方法】
◎対象:東日本大震災後に山形県内に転入されたご家族/福島県内にお住いのご家族
◎定員:1日200名(お申込み順)
◎教材費:大人1名につき500円(レクリエーション保険料も含みます)/高校生以下無料
◎持ち物:お弁当(たべものをつくるプログラムがあるのでお弁当の量は軽めにお願いします)、
 マイカップ、マイ箸、家族全員が座れるサイズのレジャーシート、水筒、お手拭きタオル、雨具。
◎ドレスコード:縞(しま)のボーダー柄の服や帽子でお越しください。
※お子さまのいるご家族向けのイベントのため、大人の方だけの参加はできませんので、
 予めご了承ください。
※会場の村山市農村文化保存伝承館は蕎麦打ち体験施設です。蕎麦アレルギーをお持ちの方は、
 誠に申し訳ございませんが、参加をお控えいただきますようお願いいたします。
※雨天の場合でも実施いたします。
【無料バス】
期間中、JR福島駅西口から無料バスを運行いたします
◎運行日:2013年11月2日[土]、11月3日[日](1日1往復便)
◎定員:1日45名(お申込順)
◎往路:8:00 福島駅西口発→(東北道「菅生PAでトイレ休憩」)→10:00 村山市農村文化保存伝承館着
◎復路:17:00 村山市農村文化保存伝承館発→(東北道「菅生PA」でトイレ休憩)→19:00 福島駅西口着
※往復バスをご希望の方は、お申込み時に予約をお願いいたします。
【交通】
山形県村山市 農村文化保存伝承館
〒995-0041 村山市大字河島元杉島1315-1 
TEL:0237-53-3277(平日9:00~17:00/水曜休館日)
※交通・施設に関するお問合せのみ
※会場には無料駐車場約120台がございます
【宿泊/近隣の宿泊施設情報】
全市町村すべてに温泉が湧きだす温泉どころの山形県。会場となる村山市周辺の温泉をご案内いたします。ご宿泊をお考えの方はご参考にどうぞ。
[クアハウス碁点]
〒995-0209 山形県村山市碁点1034-7
TEL 0237-56-3351 HP http://www.kur-goten.jp/
[銀山温泉(銀山温泉組合)]
〒999-4333 山形県尾花沢市銀山新畑地内銀山温泉
TEL 0237-28-3370 HP http://www.ginzanonsen.jp/
[さくらんぼ東根温泉(東根温泉協同組合)]
〒999-3702 山形県東根市温泉町1丁目8-23
TEL 0237-42-7100 HP http://www.higashineonsen.com/
【お申込み方法】
お申込みはメールにてお願いいたします。メールの件名を「ふくしましま申込」とし、本文に下記の必要事項をご記入のうえ2013年10月15日(火)までお申込みください。定員になり次第、締め切らせていただきます。ご了承ください。
①【参加日】両日参加・11月2日(土)のみ参加・11月3日(日)のみ参加(いずれかを明記してください)
②【参加人数・続柄・年齢】(記入例→4名、本人30代、夫30代、長男8歳、長女5歳)
③【代表者氏名】(フリガナ含)
④【現在お住いのご住所】
⑤【ご連絡先】メールアドレス・携帯電話
⑥【交通手段】自家用車・無料送迎バス利用(いずれかを明記してください。)
⑦【無料往復バス乗車日】11月2日往復/11月3日往復
 (無料往復バスご利用希望の方のみご記入ください。)
※乗車定員に限りがありますので、定員になり次第、締め切らせていただきます。
【お申込・お問合せ先】
東北芸術工科大学 東北復興支援機構
E-mail y-gakusha@aga.tuad.ac.jp TEL 023-627-2218(平日9:00~17:00)
*東北芸術工科大学 東北復興支援機構TRSO:http://blog.tuad.ac.jp/trso/event/816.html
^
LIFEKU参加店のお花屋さん「Total Plants bloom」も、いよいよお盆モードです!!
(2013.08.10.SAT)

LIFEKU参加店のF-pins取扱販売店「Total Plants bloom」。お花を贈る喜びや、受取る人の喜ぶ顔を想像してのお花のセレクトは心を豊かにし、また楽しくさせてくれるインテリアの一つです。そんなことを考えながら、お客様のご要望に応えるフラワーアレンジメントやグリーンをご提案する「bloom」も、いよいよお盆モード!!。 お盆に手向けるご供花のご注文をお待ちしております。
〒960-8011 福島市野田町寺ノ内20-1 TEL / FAX 024-557-5675
10:00〜19:00(日・祝日18:00まで)
*Total Plants bloom:http://bloom2006.jp/
LIFEKU参加店のお花屋さん「Total Plants bloom」も、いよいよお盆モードです!!
写真:Total Plants bloom 芳賀敏泰さん
^
「七尾旅人とユザーンの果樹園散歩 ~FREE PEACH GIG!~」@あんざい果樹園(2013.08.09.FRI)
七尾旅人の楽曲『輝く実』のモデルとなった福島「あんざい果樹園」。『スキー』の作者、草一郎6歳のおじいちゃんとおばあちゃんが住む、素敵な場所です。そんな、「あんざい果樹園」で、1日限りの「FREE PEACH GIG!」当日は13時オープン。自由に桃狩りを楽しんで下さい。17時からリンゴ畑の特設ステージで演奏が始まります。(荒天時はギャラリー内で開催)お楽しみに。果樹園内では『さよならのあとで』展も、開催中。こちらは安斎家の伸也さんが考えてくれた今回の合い言葉です。「桃旅人と桃ユザーン、桃栗3年、ユザーン8年?」(七尾旅人さんのブログから引用)
◎日時:8月24日(土)開場 13:00 開演:17:00(雨天決行、荒天時はギャラリー内で開催)
◎会場:あんざい果樹園敷地内 〒960-2261 福島市町庭坂字原ノ内14
 ※駐車場は数に限りがありますので、出来るだけ公共機関をご利用ください。
 ※福島交通路線バス「運転免許センター」から徒歩5分 / JR奥羽本線「庭坂駅」から徒歩10分。
◎チケット:予約 2,500円 / 当日 3,000円
◎予約・問い合せメール:tabekurayoyaku@gmail.com
 (氏名、人数、連絡先電話番号、メールアドレスを明記してください。)
*七尾旅人:http://tavito.net
*ユザーン:http://u-zhaan.com
*『スキー』の試聴はこちら:http://www.diystars.net/hearts/P00223.html
*あんざい果樹園:http://www.ankaju.com
「七尾旅人とユザーンの果樹園散歩 ~FREE PEACH GIG!~」@あんざい果樹園
写真:安齋一壽さん
^
LIFEKUでお世話になっている鈴木心さんの写真展「鈴木心 写真店『かをるやま』」が奈良で開催。
展示内容にOPTICAL YABUUCHI 藪内義久さんの「COYA」登場。(2013.08.08.THU)

◎日時:2013年8月24日(土)~30日(金)鈴木さん在廊日 24日(土)、25日(日)※27日(火)定休日
◎会場:くるみの木 秋篠の森 月草
福島県郡山市出身の写真家鈴木心さんと「くるみの木」との巡り合わせから生まれた今展では、古代からの奈良と郡山の物語を下地に鈴木心さんの視点で切りとられた福島の「今」を伝える写真店を開催いたします。福島には古くからの民芸や手仕事が根ざし、代々受け継がれています。写真そして工芸品を実際に手にとっていただき、本展に込められた物語を直に感じていただければと思います。
                                         秋篠の森 月草
「みちのくの 芳賀のしばはら 春来れば 吹く風いとど かをる山里」
郡山という同名の駅を持つ奈良と福島。姉妹都市であることを皆さんご存知でしょうか。古代より繋がる両都市にて毎年開かれる「うねめまつり」は福島県出身の釆女を主人公とする結末の異なる悲劇の物語です。光明皇后の異父兄であり物語の引き金になる皇族葛城王。その子孫であり歌人、橘為仲により福島来訪の際に詠まれた上記の詩にある「かをる山」が福島県の「こおりやま」という地名の由来とも言われています。「芳る山」に生まれ育った写真家による古現代の福島県と大和「郡山」、そして奈良を巡る物語。
                                            鈴木 心
【トークイベント】
「いままでとこれからの福島のこと」
8月24日(土)16:00~予約制 30名 場所/なず菜 2,000円
話し手:鈴木心、皆川晃(郡山市立芳山小学校校長先生)
白河市の農家須藤愛美さんの採れたての野菜を使った軽食をお召し上がり頂きます。
【夜の写真塾】
8月24日(土)18:30~19:30 予約不要
トークイベント終了後、展示してある写真・映像などを全て巡りながら、鈴木心さんにコンセプト・撮影手法など解説していただきます。
※トークイベントに参加されていないお客様でもご自由に参加いただけます。
【写真教室】
「見ること、見せること」
8月25日(日)10:00~12:00 予約制 15名 価格8,000円 
場所:国際奈良学セミナーハウス 旧世尊院にて http://nara-manabi.com/nara/
カメラを触る前に、自分の視覚に自覚的になることで劇的に変わる写真の撮り方。
【肖像写真撮影】
8月25日(日)13:00~予約優先制 価格10,000円
あなた、ご家族、ご友人を白金写真にて撮影いたします。(写真仕上げ:プラチナプリントB5版、額別途)
【かをるやま食堂】
8月24日(土)~25日(日) 11:00~16:00 予約不要
大和郡山の「豆パン屋アポロ」のパン/ドーナツ/野菜のピザとジュースなどお召し上がりいただけます。
※各ご予約はこちらまで TEL/FAX 0742-47-4460(秋篠の森 月草)
【展示内容】
◎写真作品、写真集、ポストカード、映像作品の展示販売
◎奈良拠点の同郷の古道具屋「三坂堂」の古道具の販売
◎福島ゆかりの工芸品の販売
・三春町でこ屋敷恵比寿屋の張子
・会津市三島町のまたたび細工
・白河市リオビアンコのオリジナルシャツ
・原山織物工場の会津木綿
・昭和村のからむし織
・福島市COYAのフル木製フレーム眼鏡
・もんじゅ君ポストカード など

◎鈴木心(すずきしん)
1980年福島生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。アマナに勤務後、独立。銀閣寺同仁写真部部長。広告、雑誌の写真制作、CM、PV などの映像制作をする傍ら自身の作品の制作発表を行う。
*仕事に関するポートフォリオ:http://suzukishin.wipe.vc/
*オフィシャルホームページ:http://suzukishin.jp/
*映像作品:http://www.youtube.com/user/szkshn/videos?flow=grid&view=1
オフィシャルホームページでは、毎日数百枚に及ぶ写真を撮影アップロード、著作権のない自由な写真を共有できる場を2004年より継続的に展開。撮影、展示の他にも写真のワークショップを積極的、自主的に開催しています。2011年 若手の写真家を対象にした「写真を仕事にするワークショップ」、2013年 兼業写真家を育成する「仕事で写真を使うワークショップ」などを開催。
◎くるみの木:http://www.kuruminoki.co.jp/gall25_29.html
LIFEKUでお世話になっている鈴木心さんの写真展「鈴木心 写真店『かをるやま』」が奈良で開催。
写真:鈴木心さん
^
東京国際フォーラム「プロジェクトFUKUSHIMA!」プレイベントに、
LIFEKUスタッフの遠藤知絵さんとアサノコウタさんが登壇。(2013.08.7.WED)

8月6日(火)、東京国際フォーラムで開催された「プロジェクトFUKUSHIMA!」プレイベント。トークゲストにLIFEKUスタッフの遠藤知絵さんとアサノコウタさん(プロジェクトFUKUSHIMA事務局)が登壇しました。最初に坂本龍一さんと大友良英さんとのトークテーマ「これまでのプロジェクトFUKUSHIMA!、そして福島の2013年は今」のゲストに遠藤知絵さんが登場。福島市で生活する一人の(独身!!)女性としての複雑な思いや、「今をどう乗り越えたかを、この先、伝えていかなければならない!!」という強い思いを披露。終止明るく、笑いも交えながらの快活なトークに会場も和やかなムードに。続いて大友良英&テニスコーツのライブに、プロジェクトFUKUSHIMA!事務局の中心人物として活躍中のアサノコウタさんが参加。「そしてプロジェクトFUKUSHIMA!本番へ!」のトークでは、8月15日(木)に福島市の「街なか広場」で開催される納涼!盆踊りのもくろみを披露。一昨年の大風呂敷が昨年は旗となり、今年は浴衣となって、特設の櫓(やぐら)の周りをアーティスト達と参加者達が入り交じり、オリジナルの盆踊り「ええじゃないか音頭」に乗せた踊りが繰り広げられるとのこと。8月15日(木)は、是非、福島へ。
*プロジェクトFUKUSHIMA!:http://www.pj-fukushima.jp/jp/
東京国際フォーラム「プロジェクトFUKUSHIMA!」プレイベントに、LIFEKUスタッフの遠藤知絵さんとアサノコウタさんが登壇。
^
郡山第5中学校 様へサッカーボール、ドリンクボトルを進呈。(2013.08.6.TUE)
ライフク実行委員/横浜F・マリノスのコーチを務める小坂雄樹さんより、高校生用サッカーボール10個、ドリンクボトルを頂きました。小坂さんは、サッカーを通して福島の子供たちを少しでも元気にしたいと、定期的にサッカー用品を送って下さいます。2012年8月5日(月)、郡山市立郡山第5中学校サッカー部顧問の小池清志さんへ高校生用サッカーボール10個、ドリンクボトルを進呈致しました。小池さんは、「横浜マリノスのロゴが入っていますね。子供たちがきっと喜びます。このような活動は本当に助かります。」と話して下さいました。いつも頂いているサッカーボールは、マリノス選手の個人的な寄付から購入したものだそうです。小坂さんをはじめ、マリノス選手、各関係者の皆さん、本当にありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
*横浜F・マリノス:http://www.f-marinos.com
*福島県郡山市立郡山第5中学校:http://www.edu.city.koriyama.fukushima.jp/koriyama5-j/
郡山第5中学校 様へサッカーボール、ドリンクボトルを進呈。
左:郡山第5中学校サッカー部顧問 小池清志さん、右:横浜F・マリノスコーチ 小坂雄樹さん
^
藤川孝之 絵と素描展「なつのひらすみ」(2013.07.26.FRI)
福島はもちろんのこと、四日市などでも使われる言葉。日の出前から農作業に出かける農家のみなさんは、昼ご飯を食べたあとのお昼寝が、なによりの楽しみだそう。震災以降、めまぐるしく変わる日常の中で、私たちは暮らしています。夏の終わり、次にめぐる季節を前に、BarnSで のんびりその疲れを癒しませんか。国立にアトリエを構える 藤川孝之さんをBarnSにお迎えします。期間中は、ドローイングと絵葉書 展示と販売を致します。また、藤川さんと一緒に、青木隼人さんと坂ノ下典正さんのおふたりの音楽家も楽器を携えて来福してくださいます。気持ちの良い音楽と陽のひかり差すCafeで、藤川さんと一緒に夏の思い出づくりをしませんか。
◎日時:2013年8月24日(土)〜9月1日(日)11:00〜19:30 ※8月27日(火)はお休み
◎会場:BarnS 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30(駐車場5台)
【藤川さんが在展される24日と25日は、ふたつの催しをご用意してくださいました。】
*フジカワデッサン
 あなたにとって大切な何かをデッサンします。人、動植物、物などなど。様々なご相談承ります。
 24日(土)・25日(日) 11:00〜17:00 1点2000円より
*ひらすみお絵描き会
 一緒にお絵描きしませんか。簡単な画材と紙を用意します。
 24日(土)・25日(日) 11:00〜16:00 参加費おひとり500円
【会期中の催し物】
*PLAYTIME CAFE
 24日(土)・25日(日)にBarnSの2階にてカフェを開きます。
 開店時間11:00〜19:00(L.O.18:30)
*青木隼人(ギター演奏)
 24日(土)の日中にBarnS店内にて演奏します。
*坂ノ下典正(ギター演奏)
 25日(日)の日中に、BarnS店内にて演奏します。
*坂ノ下典正×青木隼人演奏会@うろこや
 25日(日)の朝、BarnS向かいの「うろこや」にて演奏会を開きます。
 朝9:15開場 / 10:00開演 参加費 2500円 うろこやの特製豆のスープとトースト付き
 うろこや(釜炊き甘納豆の店)福島市新町7-13 tel 024-533-7471 (イベント当日のみ駐車場10台)
【フジカワデッサン、ひらすみお絵描き会、うろこやでの演奏会のご予約・お問い合わせ】
 BarnS:tel 024-533-6553 mail pick82@opal.dti.ne.jp
藤川孝之 絵と素描展「なつのひらすみ」。
^
ボストンから「Tewassa(てわっさ)」の皆さんが来福。(2013.07.26.FRI)
アメリカボストンの東海岸に浮かぶナンタケット島の伝統工芸品、ナンタケットバスケット作りを教える教室と、世界中から厳選した「海」をテーマとしたアイテムが並ぶ、ボストンのセレクトショップ「GrayMist(グレイミスト)」のオーナー、八代江津子さんが始められた「Tewassa」。「Tewassa」は、2011年3月11日の震災後、ボストンで生活する日本人が中心となって故郷のために何かをしようと集まり、自分達で出来ることから始めようと、故郷への想いをアメリカの歴史にあるキルト作りに込め、東北の託児所、小・中・高校へ届ける活動と、被災地の現状をアメリカで伝え続ける活動をされています。
先日の7月19日(金)、「Tewassa」の八代さんと篠田さん、スタッフのお二人が来福。先月、ボストンから南相馬へ帰省された、「Tewassa」の遠藤ご夫妻が原町高校へ贈られたキルトと再会後、2012年1月の渡米でお世話になったPICK-UPスタッフとも再会。30分という短い時間ながら、渡米時の懐かしい話題や、それぞれ元気にまた再会出来たことを喜びました。
◎八代江津子さんによる「Tewassa」のご紹介
『てわっさは、故郷を思い、何も出来ない遠く離れた土地からでも何かが出来るのではと、出来る事から始めようと集ったボストン在住の人々の集まりです。心のサポート、そして義援金集めから始まりました。キルトを紡ぐことから一人でも笑顔になって頂きたいと、応援の言葉を添えたキルトを作る事になりました。ボストンチルドレンミュージアムの協力を得て、アメリカの皆さんの気持ちをしたためたキルトピースをテワッサの皆がキルトにしました。心を込めて針を入れていきました。手作りで出来ることがまず私達が出来ることだったからです。小さな小物を手作りし、販売することで義援金も集めてきました。フクシマの高校生、そしてボランティア団体に寄付を直接届け、地元とボストンとの交流も作っていきたいと思います。』
※Tewassa(てわっさ):てわすら→てわっさ(手仕事)で、故郷をサポートしようの意味を込めた名前。
*GrayMist:http://www.graymist.com
*Tewassa: http://www.tewassa.org/jp/
ボストンから「Tewassa(てわっさ)」の皆さんが来福。
写真協力:Tewassa様
^
「フクシマナビ」PDFをご活用ください。(2013.07.23.TUE)
LIFEKU参加店のPICK-UP、BARNS、OPTICAL YABUUCHIなどで無料配布している「フクシマナビ」。LIFEKUがお薦するお店やF-pins取扱店などをマップでご紹介しています。この「フクシマナビ」PDF(4つ折り8P)をLIFEKU HP上でご覧頂けます。各ページ右上の「NAV▼」ボタンをクリック! ダウンロードもOKです。ご来福の際に、是非ご活用ください。
「フクシマナビ」PDFをご活用ください。
^
福島成蹊高等学校 様、児童養護施設「福島愛育園」様へサッカーボールを贈呈。(2013.07.18.THU)
ライフク実行委員/横浜F・マリノスのコーチを務める小坂雄樹さんより、高校生用サッカーボールを10個を頂きました。小坂さんは、サッカーを通して福島の子供たちを少しでも元気にしたいと定期的に送って頂いています。本日、成蹊高等学校の甚野弘樹さん、福島愛育園の遠藤嘉邦さんへサッカーボールを5個ずつ贈呈致しました。写真は、甚野さんの代理で受け取りに来て頂いた桜の聖母学院小学校の山内健太郎さん。横浜マリノスの皆様、本当にありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。
桜の聖母学院小学校の山内健太郎さん
桜の聖母学院小学校 山内健太郎さん
^
「たまきはる福島基金」様へ寄付のご報告。(2013.07.03.WED)
LIFEKUは本日、皆さまにお買い上げ、ご協力を頂いている「F-pins」と「FUKUWAUCHI」売上金の一部から、福島県内の市町村から避難を余儀なくされた全ての人々を精神的、経済的に長期にわたり支援する「たまきはる福島基金(一般社団法人 ふくしま原発避難子供・若者支援機構、代表 玄侑宗久)」様へ、義援金として100,000円を寄付させて頂きました。この場をお借りしてご報告をさせて頂きます。 今後も皆様にお買い上げ頂いた貴重な売上金を、福島復興のために活用させて頂きます。
*たまきはる福島基金:http://www.osyf.or.jp/
^
F-pins(エフピンズ)スケッチブックを発売しました。(2013.07.02.TUE)
福島から4つの想いをカタチにした「F-pins(エフピンズ)」。 ピンバッジをデザインしたイラストレーター 藤本将(ふじもとすすむ)さんのイラストをもとに、スケッチブックを制作しました。中央には「I LOVE FUKUSHIMA」の文字が添えられています。
◎価格:400円(税込)
◎サイズ:171ミリ×251ミリ
*スケッチブックは、下のライフク参加店で取り扱っています。
 PICK-UP、OPTICAL YABUUCHI。
6月21日(金)より、F-pins販売取扱店にBshop様が加わります。
^
ラフォーレ原宿プレタブランド「yamamotoyumi plus」で、F-pinsポストカード販売。
(2013.06.28.FRI)

旅する着物作家、やまもとゆみの初めてのプレタブランド、yamamotoyumi plusの限定ショップがラフォーレ原宿に登場します。やまもとゆみは、これまでパリを中心としたヨーロッパ諸国や台湾、上海、香港、ソウルなどアジアも旅しています。また、やまもとゆみは北の国からの蛍役、中嶋朋子の着物のスタイリストを務めています。昨年夏、音楽家タテタカコと一緒に、東日本大震災への支援にお礼を言うために、台北、高雄、パリとワールドツアーを行いました。今回、ラフォーレ原宿での限定ショップ会場で、『F-pinsポストカード』を販売頂くことになりました。東京近郊の方、やまもとゆみさんの世界をご覧に、ぜひ足をお運びください。
◎日時:2013年7月1日〜23日 11:00〜20:00
◎会場:ラフォーレ原宿1F コンテナ
*ラフォーレ原宿 LIMITED SHOP:http://www.laforet.ne.jp/limited_shop/yamamotoyumi_plus/
*yamamotoyum plus:http://www.yamamotoyumi.com/plus/
6月21日(金)より、F-pins販売取扱店にBshop様が加わります。
^
6月21日(金)より、F-pins販売取扱店にBshop様が加わります。(2013.06.28.FRI)
震災後すぐに、福島を想い復興のために援助の手を差し伸べて下さった多くの方々がいらっしゃいます。あらためまして、皆様のお力添えに感謝しております。ありがとうございます。洋服に携わる業界の方々にも、たくさんのお力を頂戴しました。6月21日(金)より、『F-pins』を販売して下さる取扱店にBshop様も加わります。より多くの皆様に、『F-pins』をご覧いただく機会が増えています。どうぞ、皆様『F-pins』をお手に取って身に付けてください。『F-pins』を付けて、福島に来て下さること LIFEKU(来福)されることが、私たちの力になります。福島には、素適なお店、素晴らしい出逢いがあります。ぜひ、福島でお会いしましょう。どうぞ、今後ともLIFEKUをよろしくお願いします。
『Everyday Classic』
ビショップは、服も雑貨も暮らすための道具と捉え、歴史あるもの、本物を選び、人々の暮らしの中で長く親しまれ、時を超え、歴史を生き抜いていくであろう「everyday classic」を紹介していきます。
*Bshop:http://www.bshop-inc.com/news-fpins.html
6月21日(金)より、F-pins販売取扱店にBshop様が加わります。
^
「夏至の夜は、おいしいキャンドルナイト」@BarnS+(2013.06.16.SUN)
旅ベーグルさんが、早朝、東京谷中で焼いたベーグルとアアルトコーヒーの豆を使った珈琲を持って、初めて福島へやってきます。絵描きのはとさんは、新作絵本の原画とハト商店を持ってきます。午後はまったりベーグルカフェ、夜は詩と絵のキャンドルナイトをお楽しみください。表の顔は出張ベーグル屋、裏の顔は詩人松村純也さんの詩の朗読と、絵描きはとさんのライブペイントをキャンドルの灯りの中で開催します。ベーグルに合う美味しいものの持ち込みも可能です。
◎日時:6月21日(金)
 15:00〜19:00 出張販売(ミニカフェ有り)
 19:30〜20:30 キャンドルナイト 参加費:1,000円(ベーグルとオマケ付)
◎会場:BarnS+ 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30
◎お問い合わせ・ご予約:Mail hatopoppou@tempo.ocn.ne.jp
*旅ベーグル:http://www.tabibagel.net
*はと:http://hatogoya.com
*PICK-UP & BarnS:http://www.pick82.net/
夏至の夜は、おいしいキャンドルナイト
^
『まよいながら、ゆれながら』発売記念イベント「つながって、輪になって」器やあんざい(2013.06.07.SAT)
F-pinsの販売店「あんざい果樹園」(福島)と「たべるとくらしの研究所」(札幌)を営む、安齋一家の2年間を描いたフォトエッセイブック『まよいながら、ゆれながら』(中川ちえ・文 馬場わかな・写真)の発売を記念したイベントを、七夕7月7日に福島「器やあんざい」で開催。安齋家と縁の深い様々なジャンルのメンバーが出展します。器や雑貨、お菓子の販売をはじめ、ライブやトークイベントも。ぜひご来場ください。
◎日時:7月7日(日) 11:00〜17:00
◎会場:器やあんざい(あんざい果樹園内) 福島市町庭坂字原ノ内14 TEL 024-591-1064
 福島市フルーツライン沿い。運転免許センターから徒歩5分。庭坂駅から徒歩15分。
 会場地図は、あんざい果樹園のHPをご参照ください。
◎出展:器やあんざい(器と雑貨)、たべるとくらしの研究所(ジャムとお菓子)、巣巣(雑貨)、
 dans la nature(お菓子)、中川ちえ(コーヒースタンド)、山田稔明、ミルブックス(本) 他
◎ライブ&トークイベント:13:00〜/15:00〜の2回 自由料金制
イベント開催日の7月7日ににニューアルバム『新しい青の時代』を発売するシンガーソングライターの山田稔明さん、『まよいながら、ゆれながら』の著者でもある中川ちえさんをお招きし、ライブ&トークを開催します。事前予約は不要、ライブは自由料金制です。
※イベント開催時間も商品はご覧頂けますので、お好きな時間にご来場ください。
*中川ちえ in-kyo:http://in-kyo.net
*馬場わかな:http://wknbb.jugem.jp
*あんざい果樹園:http://www.ankaju.com
*たべるとくらしの研究所:http://www.taberutokurashi.com
PICK-UP 31th ANNIVERSARY記念「大久保かおり&カイドーユタカLIVE」
写真:馬場わかなさん
^
PICK-UP 31th ANNIVERSARY記念「大久保かおり&カイドーユタカLIVE」(2013.05.25.SAT)
PICK-UPの誕生日である5月31日(金)にお迎えするのは、バンドネオン奏者の「大久保かおり」さんと、コントラバス奏者の「カイドーユタカ」さん。先月の青木隼人さんと、坂ノ下典正さんのLIVEの記憶も冷めやらぬBarnSにて、また音楽会を開催します。
◎日時:5月31日(金)限定20名 会場 19:00 開演 20:00
◎会場:BarnS 2F 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30
◎Ticket:2000円(1drink 別途ご注文下さい)
◎お問い合わせ/チケットのご予約:Mail pick82@opal.dit.ne.jp TEL 024-531-6355
この日、珈琲をご提供下さるのは、花園町にある自家焙煎珈琲の「珈琲舎 雅」さん。いつもの、あの美味しい珈琲がBarnS 2Fでお楽しみ頂けます。この日は特別! 普段、花園町では飲めない珈琲をご用意して下さるとか! 雅さんの珈琲も合わせてお楽しみ下さい。31年目を迎えるPICK-UP、ぜひ皆さんとBarnSで楽しい夜を過ごしましょう! たくさんのご連絡をお待ちしております。
*大久保かおり:http://kaoneon.com/
*カイドーユタカ:http://www.kaidoyutaka.com/
*PICK-UP & BarnS:http://www.pick82.net/
*珈琲舎 雅:http://www5c.biglobe.ne.jp/~jyajya/
PICK-UP 31th ANNIVERSARY記念「大久保かおり&カイドーユタカLIVE」
^
PICK-UP 31th ANNIVERSARY !! 創業祭 5月25日(土)〜6月2日(日)(2013.05.24.FRI)
5月30(金)は、ピックアップの31回目の誕生日。PICK-UP&BarnSでは、5月25(土)~6月2(日)の一週間、創業祭を開催します。期間中は、数量限定でお得な10%OFFになるクーポン券をプレゼント! PICK-UPでは数量限定のノベルティーや、一部セールコーナーをご用意しております。もちろん、BarnSでも同時開催です。そして、PICK-UPではご来店の方、皆さまに水出しコーヒーをお出しします。珈琲の香りとともに、皆さんに感謝の気持ちをお伝えさせて頂きます。ぜひ、PICK-UP & BarnSのスタイル提案を、これからもお楽しみ下さい。この一週間、皆様のご来店をお待ちしております。
*PICK-UP & BarnS:http://www.pick82.net/
PICK-UP 31th ANNIVERSARY !! 創業祭
 『5月30日がボクの誕生日 VANジャケット全盛時代、つまりミユキ族華やかかりし頃10代だった若者も今では30代となりました。時代は移り、VANも倒産しアイビーなる言葉の輪郭もおぼろげなるものにはなりましたが、彼らのオシャレ心がいろんな形をとりながらも生き続けていることは確かなことでしょう。その心をもう一度、もつと自由な立場でつなぎとめられたら素敵なのではないかと考えました。めまぐるしく変る若者たちのファッションシーンをよそに、もっとゆったりとした、シンプルでアダルトなライフスタイルを私達で守り続けることができたなら・・・そんな情熱を密めて、アメリカン・カジュアルショップ“ピックアップ”は生まれます。このファッション無国籍時代において、あえて“アメリカン”と宣言したのはあいまいな中に自分たちの立場というものをはっきりとさせておきたいため。さまざまなジャンルの方のご来店お待ちしています。』
 これは、31年前 PICK-UPがオープンした時のチラシ。驚くほど、ものの見方、事柄にたいしての考え方が変わらない。店頭を彩る洋服や道具は、そのときどきの時代によって変われど、提案してきたスタイルは変わらない。ぼくが学生時代手には試着も出来ず、全然手が届かなかったSt.Jamesは、今もお店に並んでいる。顔と顔をつきあわせて、話せる洋服がここにある。31回目の誕生日、これはPICK-UPを愛し、可愛がってくださるお客さん ひとりひとりの支えによるものです。お店がそこに在り続けられるのは、お買い上げくださる皆様がいてくれるから。ありがとうございます。創業祭と銘打った一週間、皆様とお会い出来る事を、感謝を込めてお待ちしております。
5月30日がボクの誕生日
^
ライフク実行委員会の活動ページ「Activity」を追加いたしました。(2013.05.20.MON)
ライフク実行委員会では、F-pins販売代金から材料費や販売経費を除いたなかから、「たまきはる福島基金」様、「児童養護施設・福島愛育園」様へ義援金を寄付し、「学校法人めばえ・福島めばえ幼稚園」様へスケッチブックを進呈。他にも「横浜F・マリノス」様からご提供頂いたサッカーボールを「児童養護施設福島愛育園」様へ、「HORIGUCHI Co.,Ltd」様からのTシャツを福島市の子供たちへ寄贈いたしました。F-pinsの袋詰め作業を「社会福祉法人つばさ福祉会知的障害者授産施設はばたき」様へ作業費をお支払いしてご協力を頂きながら、これからも具体的な活動内容を報告して参ります。
*Activity:http://lifeku.jp/activity/index.html
La blmiya ラ ブルミヤ
^
花と緑と喫茶とタルト「La blmiya ラ ブルミヤ」(2013.05.18.SAT)
6月生まれのお店が集まって「花と緑と喫茶とタルト」を楽しむイベントです。「La Selvatica」は、6月1日6周年。「Total Plants bloom」は、6月3日7周年。そして「珈琲舎 雅(MIYABI)」は、6月25日9周年。3店が集まって「La blmiya(ラ ブルミヤ)」です。今年はBarnSさんに会場をお借りして開催します。bloomお薦めの花と緑に囲まれながら、のんびり雅な喫茶をお楽しみください。La Selvaticaの特製タルトも登場します!そして子供店長も(笑)。
◎日時:6月8日(土)・9日(日) 11:00~18:00
◎会場:BarnS 福島市宮下町18-30
※駐車場はありますが限りがあります。周辺のコインパーキングや公共の交通機関をご利用ください。
※お問い合わせ:Total Plants bloom TEL 024-557-5675
*La Selvatica:http://selvatica.blog45.fc2.com/
*Total Plants bloom:http://bloom2006.jp/
*珈琲舎 雅(MIYABI):http://www5c.biglobe.ne.jp/~jyajya/
*BarnS:http://www.pick82.net/
La blmiya ラ ブルミヤ
^
HORIGUCHI Co.,Ltd様から、福島市の子供たちへTシャツを寄贈。(2013.05.16.THU)
東京にて服飾副資材を販売する商社、堀口株式会社様より、福島市の子供たちへTシャツの寄贈をして頂きました。Tシャツは、児童養護施設・愛育園様、青葉学園様、アイリス学園様へお届けしました。アイリス学園の廣野さんは、「これからは、暑さの厳しくなる季節です。Tシャツは、何枚あっても嬉しいです。制服の下にも、一枚でも着させて頂きます。」と喜んで頂きました。堀口株式会社様、ご支援大変ありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。
◎堀口株式会社様の会社概要
服を造る上で必要な副資材である芯地、裏地、スレーキ、肩パッドなどを取扱う繊維副資材商社です。副資材とは、主に服の内側に使用されるので、裏地とは違い普段目にされることは無いと思います。取り扱いの副資材のなかでも「接着芯地」に特化した企業です。「芯地(しんじ)」と言う聞き慣れないワードですが、芯地とはあらゆる服の中に存在しています。シーズン毎に変わる表素材とデザインの変化に対応すべく商品開発し、得意先であるアパレルのデザイナーやパタンナーが描くイメージの風合いとシルエットを具現化するために、「芯地のソムリエ」として適切な芯地をご提案されています。
*HORIGUCHI Co.,Ltd:http://www.horiguchi-a.co.jp/products/main.html
HORIGUCHI Co.,Ltd様から、福島市の子供たちへTシャツを寄贈
アイリス学園・廣野功ニ郎さん
^
「林檎畑の演奏会」大友良英×テニスコーツ@あん果樹(2013.05.09.THU)
福島市のフルーツライン沿いにある「あん果樹」こと、F-pins取扱店の「あんざい果樹園」にて、「プロジェクトFUKUSIHMA!ドキュメント写真展」の関連イベントが決定。「あんざい果樹園」の敷地内にある「りんごハウス」やカフェスペースでは、「フェスティバルFUKUSHIMA!2012」の写真も展示されます。日中(13:00~)は福島市内の飲食店や雑貨店が出店。食べたり飲んだり写真を見たり、ゆるやかな時間をお過ごしください。そして、吾妻山に夕日が沈む頃、大友良英とテニスコーツによる演奏会が始まります。福島の美しい景色と、美味しい食べ物と、心地よい音楽。初夏の一日。ゆるゆると遊びにきてください。
◎日時:2013年6月8日(土)13:00~19:00(雨天決行、荒天中止)
 ※荒天による公演中止の際は、プロジェクトFUKUSHIMA!WEBサイトよりお知らせいたします。
◎場所:あんざい果樹園敷地内 福島県福島市町庭坂原ノ内14
 ※あんざい果樹園への直接の連絡はご遠慮ください。
・福島交通路線バス「運転免許センター」から徒歩5分
・JR奥羽本線「庭坂駅」から徒歩10分
◎駐車場:JA新ふくしま「庭坂支店」 福島市町庭坂字中通64-19 会場へ徒歩5分
 ※駐車場は数に限りがありますので、出来るだけ公共機関をご利用ください。
◎チケット購入方法
【店頭販売】
*仙台
・STORE15NOV 022-221-5763(13:00~19:00 木曜日定休)
*福島市
・OPTICAL YABUUCHI 024-522-2659(10:00~19:00 木曜日定休)
・PICK-UP 024-531-6355(10:30~19:30 火曜日定休)
・珈琲舎 雅 024-536-8688(10:00~19:00 12:00~19:00祝 日曜日定休)
・フォーラム福島 024-533-1717(10:00~22:00 年中無休)
*東京
・ピリカタント書店 03-6804-8150(13:00~24:00 月、火曜日定休)
【事前メール予約】
事前にお申し込みをお願いします。「ringo.pjf@gmail.com」宛に氏名、メールアドレス、枚数、電話番号をご記入下さい。
※当日のキャンセルは固くお断りします。予約後キャンセルされる場合は必ず、お名前を明記の上、メールで「ringo.pjf@gmail.com」までお知らせください。
※荒天により中止の際は、ご購入いただいた店舗にて直接払い戻しをお願いします。
◎タイムスケジュール
・13:00~ ゆるゆるとオープン「食べたり飲んだり写真を見たり」
・17:00~19:00 大友良英×テニスコーツ演奏会
*イベントフライヤーは、こちら
*プロジェクトFUKUSHIMA!:http://www.pj-fukushima.jp/event/anzai.html
「林檎畑の演奏会」大友良英×テニスコーツ@あん果樹
^
プロジェクトFUKUSHIMA! ドキュメント写真展開催。(2013.05.09.THU)
2012年の「フェスティバルFUKUSHIMA!」のドキュメント写真をLIFEKU参加店・F-pins販売店で展示します。福島駅前をジャックしたオープニングイベント「Flags Across Borders」から同時多発ライブ、四季の里でのクロージングイベントまで、複数のカメラマンが追った12日間の軌跡!!!! 写真展と同時に「福島クダラナ庄助イラスト展」も開催されます!!!
◎会期:2013 年5月25日(土曜日)~2013年6月9日(日曜日)
◎会場:OPTICAL YABUUCHI 3F、PICK-UP、うらこや、珈琲舎 雅、旅館清山
◎料金:無料
◎写真家:地引雄一、椎木静寧、内藤雅子、成田舞、松本美枝子、阿部治、梅原渉、岡本彰生、菊地修、佐藤祐紀、塩澤菜穂、野々村文宏、高木俊幸、比佐好江、星泰順
*プロジェクトFUKUSHIMA!:http://www.pj-fukushima.jp/event/0525photo.php
プロジェクトFUKUSHIMA! ドキュメント写真展
^
Mother`s Day at bloom(2013.04.22.MON)
日頃の感謝を込めて、母の日にお花の贈り物はいかがですか?Total Plants bloomではフラワーアレンジをBOXにして、素敵なプレゼントをご提案します。ふだん言えない感謝を伝える日だからこそ、特別なお花を贈ることは大切ですね。BOXは大と小をお選びでき、事前オーダー制となっています。
◎期 間:〜5月5日(日)事前オーダー制
◎BOXアレンジ:大 ¥5,250円 小 ¥3,150円
◎Total Plants bloom
 〒960-8055 福島県福島市野田町寺ノ内20-1
 TEL / FAX:024-557-5675 mail:totalplants07bloom@ybb.ne.jp
 定休日:日・月 営業時間:10:00~19:00
*Total Plants bloom:http://bloom2006.jp/
*Photo:LifePhotoWorks 阿部治
福島を基盤に全国から撮影依頼を受けています。コマーシャルなどの広告写真から、ウエディングや家族写真など一般向けの撮影業務も行っています。LifePhotoWorks:http://lifephotoworks.net/
Mother`s Day at bloom
^
FUKUSHIMA BEST 30をつくろう!(2013.04.20.SAT)
いよいよ間近に迫ってきたGW。PICK-UP、BarnSでは皆さまに楽しんで頂けるよう、今から沢山のイベントを考えています。その中の一つ、「FUKUSHIMA BEST 30をつくろう!」。一体何かといいますと、福島の好きなお店、自分だけのおすすめメニューやスポットを紹介しましょう、という企画です。通い詰めている所、看板メニュー、〜の〜が美味しい、素適、癒しの場所など福島であれば何でもOK! マニアック情報もありです!! とにかく福島のいいところを紹介しようということです。
PICK-UP、BarnSに予め用意してあるレポート用紙に店舗情報、差支えなければお名前、職業を記入して頂きます。集まったレポート用紙を5月1日(水)〜5月6日(月)の期間、PICK-UP2階で展示しようと思います。帰省された方、福島に住んでいる人達があらためて地元の良さを知るきっかけになればと思います。そして、たくさんのレポートから「FUKUSHIMA BEST 30」を選びたいと思います。
【なんと参加者には抽選で豪華プレゼントあり!! マニアック賞もあるかも?】
実際にどう書けばいいのか分からない方に、スタッフが書いたレポートを参考までにご紹介します。手書きイラスト、写真、表現方法は自由です。自分の好きに書いて頂いて大丈夫です。作品展示予定のため4月中頃から末にかけて提出して頂けると助かります。学校の宿題みたいでいいですね(笑)。それでは皆さまのご参加、ステキなレポートお待ちしております。
*PICK-UP / BarnS:http://www.pick82.net/
FUKUSHIMA BEST 30をつくろう!
FUKUSHIMA BEST 30をつくろう!
^
PICK-UP&BarnS 2013 SPECIAL WEEK(2013.04.20.SAT)
【Small Town Talkの出張本屋】
4月28日(日)~5月6日(月)のGW期間中、PICK-UP、BarnSでは郡山からSmall Town Talk出店、一点ものSALE、数量限定おたのしみ袋(BarnSのみ)など沢山のイベントをご用意しています。皆さま、是非遊びにいらして下さい。
◎日 時:4月28日(日)、29日(月)11:00~18:30
◎会 場:PICK-UP 2F 〒960-8033 福島県福島市万世町4-28 Tel 024-531-6355
 ※4月30日(火)、5月7日(火)はお休みとさせて頂きます。
『Small Town Talkの出張本屋、今年もPick-up2F(4月28日(日)・29日(月))にてお世話になります。photograph books gallery といたしまして、いつもと違い写真集のみ50冊~。貴重な絶版のモノから新品のモノまで展示します。プリントではありませんが本という体裁の分、写真の点数は数多く見ることができます。(多くの写真集のページを開いてもらえればですが・・)。写真集(一部写真に関する書籍・雑誌)のみ展示販売となります。お時間許す方は2日とも遊びに来てください!!!』 店主:黒田真市
*PICK-UP
今年のPICK-UPは、春夏物が大充実!とくに見逃せないのが、プリントTシャツ&ショーツ。毎年、必ず猛暑となる福島の夏、日本の夏。GW中のこのときに探すのがベストなんです!EGやTHE DAY、GramicciにMOCEANと気になるブランドが目白押しです。皆様のご来店、お待ちしております。
*BarnS
春物に加えてLE GLAZIK、ORCIVALの半袖カットソー、BIRKENSTOCK、 ARCOPEDICOのサンダルなど夏まで使えるアイテムが勢揃い!!
*Small Town Talk:http://www.miru.co.jp/12/059.html
*PICK-UP / BarnS:http://www.pick82.net/
Small Town Talk出店
^
横浜F・マリノスから福島市の子供たちへサッカーボールを寄贈。(2013.04.12.FRI)
横浜F・マリノスとクラブの復興支援活動に賛同し協力している保安道路企画株式会社様(代表取締役 森 健太郎 様)より、福島市の子供たちへ「サッカーボール4号球」30個を寄贈頂くことになりました。このサッカーボールは、児童養護施設・愛育園様、青葉学園様、アイリス学園様、桜の聖母小学校様、郡山ザべリオ学園様、福島わかば幼稚園様へお渡ししました。
ライフク実行委員 / 横浜F・マリノスコーチの小坂雄樹さんは、「福島の子供たちが笑顔になることは、福島全体の笑顔につながると信じています。子供の笑顔を見ると大人も自然と笑顔になりますからね。」と話します。福島で暮らす子供たちが元気にサッカーを楽しんでくれたら良いですね。横浜マリノス関係者の皆様、保安道路企画株式会社様、この場を借りてお礼申し上げます。今後とも宜しくお願い致します。
◎保安道路企画株式会社様の会社概要
横浜市を拠点とし、交通安全施設のオリジナル商品の開発及び保安用品のリース・販売・区画線工事、標識(サイン)工事、安全施設工事(カーブミラー、防護柵、道路鋲、カラー塗装等)を手掛けています。特にオリジナル製品のポストフレックスは、安くて機能性の高い商品として、多くの自治体や民間の施設に利用されています。また、「ポストフレックス東北支援キャンペーン」として、東北の子供達にサッカーボールとメッセージを届ける活動をしています。
*横浜F・マリノス:http://pc.f-marinos.com/home
*保安道路企画株式会社:http://www.hoandoro.jp/
横浜F・マリノスからサッカーボール寄贈
左から愛育園・遠藤嘉邦さん、アイリス学園・廣野功ニ郎さん、青葉学園・松本善克さん
横浜F・マリノスからサッカーボール寄贈
桜の聖母小学校・山内健太郎さん
^
青木隼人 & 坂ノ下典正 ふたりの音楽会 Fukushima - Niigata Tour(2013.03.31.SUN)
福島と新潟の4つの会場にて開催される「ふたりの音楽会」。その日、その空間に寄り添い、自然光のような静けさをゆったりとしたギターで描く青木隼人。ジャズ/即興音楽や南米音楽、クラシックの古典的なエッセンスが交錯しながら、どこか懐かしい遠くの風景を奏でる坂ノ下典正。ふたりの音楽家が紡ぐあたたかな時間をおたのしみください。
【4月26日(金)at BarnS+】
◎会 場:BarnS+ 福島市宮下町18-30
◎開 場:19:00(開演:20:00)
◎料 金:3,000円(ドリンク+デザート付)
【4月27日(土)at うろこや】
◎会 場:うろこや 福島市新町7-13
◎開 場:9:15(開演:10:00)
◎料 金:3,000円(ドリンク+デザート付)
【4月28日(日)at 北書店】
◎会 場:北書店 新潟市中央区医学町通2番町10-1 ダイアパレス医学町1F
◎開 場:15:30(開演:16:00)
◎料 金:2,500円
【4月29日(月・昭和の日)朝食と音楽の会 at むすびや百】
◎会 場:むすびや百 新潟市中央区古町3-556
◎開 場:7:00(開始:7:30)
◎料 金:2,500円(お茶+朝食付き) 定員:8名様(要予約)
※4月26日(金)・27日(土)・28日(日)は、福島市の和菓子店うろこやさんの甘納豆、ライフク実行委員会グッズの販売があります。※各会場でインタビュー冊子を配布します。車でお越しの方は周辺の有料駐車場をご利用ください。
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約は下記まで、お名前とご予約枚数、ご連絡先をお伝えください。
◎4月26日(金)・27日(土)福島2会場のチケット問い合わせ
 PICK-UP 024-531-6355 / BarnS 024-533-6553 / PLAYTIME CAFE 080-3327-2001
◎4月28日(日)・29日(月・昭和の日)新潟2会場のご予約・問い合わせ
 のみの音楽舎 080-6564-4159 またはE-mail:highland_1000@nifty.com
 北書店 025-201-7466 / むすびや百(もも) 070-5567-7870
*青木隼人(Aoki Hayato):http://grainfield.net/aoki/
音楽家・デザイナー。1978年生。空間・場所の響きに重点においた即興によるライブ演奏や会場・作家とのコラボによる展示空間における音楽制作を展開。その日、その空間、情景を紡ぎ、共存する音楽を奏でる。アコースティックギターやクロマハープから奏でられる「音のある静けさ」は、聴いた人に安らぎと安堵を贈る。
*坂ノ下典正(akanoshita Norimasa):https://sites.google.com/site/nsknst/
1976年生。大阪府出身。地歌箏曲演奏家の両親の下に生まれる。高校でクラシックギターに触れ、セゴビアやタレガなどの近代音楽に傾倒。大学時にジャズや即興音楽に触れ、ライブ活動を開始。卒業後拠点を東京に移し、ジャズ、ボサノヴァ、即興、映像や絵画とのコラボレーション、チンドン等、多種多様なジャンルで活動中。
*主催:PLAYTIME CAFE(郡山) / のみの音楽舎(新潟)
旅するスノードーム
^
はとちゃんとMARUちゃん「ハトマル★ハルイチ」(2013.03.28.THU)
はとちゃんとMARUちゃんがカワイイ、ヘンテコ、オイシイをたくさんもって BarnSにやってきます。
◎日 時:4月21日(日)12:00~18:30
◎会 場:BarnS+ 〒960-8011 福島市宮下町18-30 TEL 024-533-6553 駐車場:5台
【はと先生の絵ごころ教室ー○△□編ー】
①14時〜15時 ②17時〜18時 申し込み不要 参加費:300円
展示会などで「絵心がないので」という言葉を毎度耳にします。そもそも「絵心」とはなんでしょう?子ども達はみんな自由に絵を描きます。大人になると「絵心」は消えてしまうのでしょうか?思い込みにとらわれず、絵を気軽に描けたらどうでしょう?ちょっと心が動いたら描いてみましょう。今回は入門の入門編、○△□が描ける人は参加できます!ねぶくろマン、ブサイク人形,手描きTシャツetc...MARUSちゃんカフェも!
◎MARU
新潟出身。名古屋で猫2匹と生活。絵を描いたり、ブサイクな人形をつくったりでぼんやり暮らしています。2000年頃から東京、名古屋、甲府などで展覧会をしたり作ったものをお店に置いてもらったりしています。
*MARU:http://www.nebukuromanmaru.com
◎はと
広島県出身。川崎市在住。絵描き。全国各地で個展を開催。会津・漆の芸術祭2010.2011に「うるしのこぼしさん」を出品。2012年南相馬市の山田神社の鳥居にの絵付け、ぽっぽてぬぐいのデザインを行う。しでかすおともだちメンバー。
*はと:http://hatogoya.com
もう、BarnS ではおなじみの広島出身の画家『 はと 』さん。今回は、MARU さんと一緒にカフェも開催!GW前の楽しみな日曜日、みなさんおご来店をお待ちしております。
*BarnS+:http://www.pick82.net/
ハトマル★ハルイチ
ハトマル★ハルイチ
^
kvina -「旅するスノードーム(Vojaĝante Neĝo-Kupolo)」(2013.03.13.WED)
LIFEKUの設立当初から応援を頂いている東京のクリエイティブユニット「kvina」の皆さんから、「旅するスノードーム(Vojaĝante Neĝo-Kupolo)」と題した、福島と山形のスノードームが届きました。添えらてきたメッセージをそのままご紹介させて頂きます。
 『旅するスノードーム - あの日があって、これまでも、これからもかわらず、東北が好き、という気持ちをお伝えしたいと、私たちは仙台の編集プロダクション SHOE PRESs のみなさんたちと一緒に Mi amas TOHOKU(ミーアーマス トウホク)というプロジェクトをはじめました。Mi amas TOHOKU はかつて宮沢賢治も学んだエスペラント語で、東北が好き、を意味する言葉です。東北を旅して、本当にたくさんの人たちとの素敵な出会いや、想いをいっぱいいただきました。その出会いに感謝の気持ちをこめて、旅先で出逢った大好きな物たちをモチーフに、6つのスノードームを手作りしました。ひとつひとつの瓶は、青森(りんごはちみつ)、秋田(とんぶり)、岩手(マーマレードジャム)、宮城(ブルーベリーシロップ)、山形(ラ・フランス シロップ漬け)、福島(桃シロップ漬け)が入っていたものです。』
届いたスノードームは、皆様にも手に取って見て頂けるように、LIFEKU参加店を巡回しながら展示させて頂く予定です。(写真協力:kvina様)
◎kvina(クビーナ)
小林エリカ(作家)、田部井美奈(グラフィックデザイナー)、野川かさね(写真家)、前田ひさえ(イラストレーター)のクリエイティブユニット。2010年春より日本語・英語・エスペラント語三ヶ国語のセルフパブリッシングシリーズLIBRO de KVINA(リブロクビーナ)をはじめる。本と言葉をモチーフにプロダクトデザインや展示などを手がける。月に何度か開かれる朝食会でそれぞれのアイディアや夢を話し合いながらプロジェクトをすすめている。
*Libro De Kvina:http://librodekvina.com/
旅するスノードーム
旅するスノードーム
旅するスノードーム
^
「たまきはる福島基金」様へ寄付のご報告。(2013.03.11.MON)
LIFEKUは本日、皆さまにお買い上げ、ご協力を頂いている「F-pins」売上金の一部から、福島県内の市町村から避難を余儀なくされた全ての人々を精神的、経済的に長期にわたり支援する「たまきはる福島基金(一般社団法人 ふくしま原発避難子供・若者支援機構、代表 玄侑宗久)」様へ、義援金として200,000円を寄付させて頂きました(寄付金額合計765,000円)。この場をお借りしてご報告をさせて頂きます。 今後も皆様にお買い上げ頂いた貴重な売上金を、福島復興のために活用させて頂きます。
*たまきはる福島基金:http://www.osyf.or.jp/
^
「InstameetFukushima#01」@珈琲舎 雅(2013.03.07.THU)
総勢70名のIGersがお届けするインスタグラム福島初のリアル写真展「InstameetFukushima#01」を珈琲舎 雅ギャラリーにて開催中です。展示テーマは「傑作」。沢山の写真が展示され、見応えのある写真展となっておりますので、この機会にぜひご覧ください。写真展に出品されている参加者は全国に渡り、参加費の25パーセントを震災の復興支援のために寄付されるとのこと。入場は無料、写真をご覧になるだけでもOKです。喫茶席をご利用の際はご注文をお願いいたします。駐車場が少なく、周辺にコインパーキングも少ないため、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
◎日時:3月5日(火)~20日(水)10:00~19:00(定休日の日曜、17日(日)も営業)
◎会場:珈琲舎 雅(MIYABI) 〒960-8112 福島市花園町7-11 TEL 024-536-8688
*珈琲舎 雅Blog:http://www5c.biglobe.ne.jp/~jyajya/
InstameetFukushima#01
^
RESOLUTE TRUNK SHOW !!! at BarnS(2013.03.06.WEN)
Made in Japanといえば、車やアニメだけではない。欧米一流ブランドにも評価されているのが、ジャパン・デニムだ。林芳亮(はやしよしあき)は、20年以上も理想のデニムを追いかけ、頑ななこだわりで職人たちを牽引してきたという稀有なデニム・デザイナーである。その林が満を持して、日本屈指のデニム職人たちと創り上げたブランドが『RESOLUTE/リゾルト』だ。その意味は『毅然たる』『意思の固い』『断固とした』。20年目にして見えてきたというデニムの理想が、今、不屈の意志で実現される。
さきのDENIME(ドゥニーム)時代より、私たちのお店では林さんのデニムをお取り扱いしてきました。今回、デザイナー本人である林氏が直接フィッティングを見て下さる機会は、私たちお店のスタッフでもほとんどありません。何という嬉しい機会でしょう!期間中は、20本以上の履きこまれたRESOLUTEが、サンプルとしてお店に並びます。そのすべてに触れ、実際にご試着することが出来ます。あたらしいスタートを迎えるBarnSの素晴らしい幕開けとなる、このTRUNK SHOW。皆様のご来店をお待ちしております。
◎日 時:3月6日(水)~3月11日(月)11:00~19:30(最終日のみ 〜15:00)
◎会 場:BarnS 〒960-8011 福島市宮下町18-30 TEL 024-533-6553
※期間中、RESOLUTEのデニムをお買い上げの方に、ステッカー&RESOLUTE特製のペナントをプレゼント。ペナントは、数量限定で先着順です。
*RESOLUTEハヤシBlog:http://ameblo.jp/resolute-2010/entry-11483329879.html
*BarnS:http://www.pick82.net/
RESOLUTE TRUNK SHOW
RESOLUTE TRUNK SHOW
ステッカー&RESOLUTE特製ペナント
^
"catchno"Exhibition 2013 SS/AW collection @ OPTICAL YABUUCHI 3F
(2013.03.06.WEN)

東京「catchno製作所」で活躍される、福島市出身の鎌田淑子さん、宇治はるひさんによる、手作りのバック・洋服・帽子の新作受注展示会が、やぶうちビル3階ギャラリーで開催されます。ぜひこの機会に、お二人の手作りによるオリジナルバック・洋服・帽子はいかがでしょう。
◎日 時:3月8日(金)~3月10日(日)11:00~19:30
◎会 場:OPTICAL YABUUCHI 3階ギャラリー 〒960-8041 福島市大町9-21 TEL 024-522-2659
 ※駐車場がございませんので、車でお越しのお客様は最寄りのコインパーキングをご利用下さい。
*鎌田淑子さんfacebook:http://www.facebook.com/shukuko.kamata
*OPTICAL YABUUCHI:http://www.eye-y.com/
“catchno”Exhibition 2013 SS/AW collection
^
「F/style展」at BarnS。五十嵐恵美さん+星野若菜さんからのご挨拶。(2013.02.22.FRI)
2月16日、17日と新潟でPICK-UP展を開催し、この2日間でたくさんの笑顔に出会うことができました。PICK-UPさんが30年間あたため大切にされてきたことが、この展示から私たちに、新潟のお客さまに、深く伝わったと思います。地元に根を据え、衣の世界からファッション性とモノ作りの背景をじっくり伝え、お客さまへ自身の目で選ぶ幅を与えてくれ、その楽しさを伝えてくれる。顔を合わせたコミュニケーションの大切さを改めて感じました。PICK-UPさんの揺ぎない、そしてしなやかな強い芯は、このようなあたたかなつながりの中にあるように思いました。この気持は、私たちF/styleの中でも大切にし続けて行きたいことです。その土地に根付いた商いを通じて、モノ作りに出会い、人と触れ合うことで、その人の暮らす土地や人々が近い存在になる。たくさんの笑顔が生まれた、今回のPICK-UP展で感じたことです。日々の一人一人の関わり合いから、お互いの土地で、あたたかな行き来が生まれて行ったら嬉しいです。今度は私たちがBarnSさんでF/style展をひらきます。福島の皆さんの笑顔に出会えることを楽しみしています。
エフスタイル 五十嵐恵美+星野若菜
◎日 時:3月1日(金)~4日(月) 11:00~19:30(最終日のみ~16:00)
◎会 場:BarnS 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30 TEL 024-533-6553
 ※3月2日(土)、3日(日)の2日間会場におります。
 ※BarnS 2Fでは、PLAYTIME CAFEによる出張カフェもお楽しみ頂けます。
 ※車でお越しのお客様には、臨時駐車場もご用意しました。
*F/style:http://www.fstyle-web.net
*BarnS:http://www.pick82.net
*PLAYTIME CAFE Blog:http://zerry-house.petit.cc/lime/
「F/style展」at BarnS
^
PLAYTIME CAFE、バーンズ2階で春の出張カフェオープン。(2013.02.20.WED)
穏やかな日差しが注ぎ込むBarnSの2F。今回のPLAYTIME CAFEでは、ご自分のお好きな北欧のマグカップをお選び頂き、珈琲を楽しんで頂きます。なかには、なかなかお目にかかれないヴィンテージものも登場する予定。久しぶりのBarnS 2FでのオープンとなるPLAYTIME CAFE。のんびり、ゆっくり、皆様のご来店をお待ちしております!
また、3月1日(金)〜4日(月)の4日間、同じくBarnSで「F/style展 at BarnS」を開催。先日のPICK-UPとBarnS、新潟F/styleショールーム出張オープンを、今度は福島で再現です。こちらも是非!
◎日 時:2月23日(土)24日(日)、3月2日(土)3日(日)12:00~18:00
◎会 場:BarnS 2F 〒960-8011 福島県福島市宮下町18-30 TEL 024-533-6553
◎メニュー:珈琲、ガトーショコラ、プリン
*PLAYTIME CAFE Blog:http://zerry-house.petit.cc/lime/
PLAYTIME CAFE、バーンズ2階で春の出張カフェオープン
^
佐藤洋美コラージュ展「年輪"YEARRING"」@PICK-UP。(2013.02.16.SAT)
『暦は立春を迎え、風はまだ冷たくも、日々迫って来る春を思うとそわそわします。そしてこの春、念願の福島市で初の個展を開催することとなりました。高校時代、クラスの仲間たちとデザイナーを目指してひたすらに課題をこなした日々から10年が経ち、こうして展示させていただける日がくるとは何とも感慨深いです。皆様と楽しい時間を過ごす事ができれば幸いです。そして、東京で出会った友人の皆さまの福島に訪れるきっかけとなりますように。出会いが、年輪を優しく厚みのあるものにしてくれるということを皆さんと一緒に感じ合える空間になるといいなと思っています。(展示会場のPICK-UPさんはすでにそんな素敵な空間ですが)いつも暖かく笑顔で迎えてくださるPICK-UP 藁谷さん、田中さんに心からの感謝の意を込めて』(佐藤洋美さんのFacebookより引用)
◎日 時:3月16日(土)〜20日(水・祝)10:30〜19:30
     火曜日休廊 / 入場無料
◎会 場:PICK-UP 2F
     〒960-8033 福島県福島市万世町4-28 Tel 024-531-6355
◎在廊日:3月16日(土)、17日(日)、20日(水・祝)
◎コラージュワークショップ開催:3月17日(日)11:00〜12:00 / 13:00〜14:00
 ※詳細は後日、佐藤洋美さんのFacebookでお知らせいたします。
*kyassaba(キャッサバ):http://kyassaba.tumblr.com
*佐藤洋美Facebook:http://www.facebook.com/hiromi.sato.7758
*PICK-UP:http://www.pick82.net
佐藤洋美コラージュ展「年輪
^
LIFEKUのPICK-UPとBarnS、新潟F/styleショールームに出張オープン。(2013.02.08.FRI)
『伝統的なもの、日常着、長く着られるもの。その背景には、世界中で土地の風土に根付いた物作りがあります。 福島市にお店を構えて30年、PICK-UPさんは、”ベーシックで確かな物作り”を、地方都市でも身近に触れられる文化を、洋服を通して伝え続けています。2日間の出張ショップでは、PICK-UPの世界観を再現し、国内外の数々のアパレルと雑貨がF/styleに揃います。またその深く確かな伝え手であるスタッフさんの接客に触れていただける機会です。今回は、福島の繋がりのあるお店のご紹介、震災後に始まった活動なども展示して頂く予定です。長い年月で人と地域と繋がり、実店舗を通じて育まれてきた大切なことも、この展示会でお伝えできたらと思っています。
また2月16日(土)は、倉庫2FのフリースペースCONTAINERで、東中通のmarilouが出張OPENします。今回は今年で10周年を迎える吉祥寺のマクロビオティックの企画・研究チームORGANIC BASEとのコラボレーション。寒い冬にぴったりな温かい「スープ」をテーマに1日限定のカフェを開店します。』(エフスタイル様ブログより引用) 新潟の皆様とF/styleショールームで、是非。
◎日 時:2月16日(土)・17日(日)11:00〜18:00
◎会 場:エフスタイル1Fショールーム/2FフリースペースCONTAINER
     〒950-0944 新潟市中央区愛宕1-7-6 Tel 025-288-6778
*PICK-UP / BarnS:http://www.pick82.net/updated/pbblog.php
*エフスタイル:http://www.fstyle-web.net/info.html
*ORGANIC BASE:http://www.organic-base.com/
PICK-UP since 1982 服・アパレル雑貨の展示販売会
^
LIFEKUは、山形「春待ち市と雪見の宴」に参加いたします。(2013.02.06.WED)
2月24日(日)「春待ち市」に、LIFEKU、Total Plants Bloom、珈琲舎 雅、La Selvaticaが参加いたします。山形県川西町にある4軒の蔵元で2月に誕生する新酒や、地元の食材を使った鍋をお腹いっぱい食べられる”宴”と蔵元見学。また、山形・宮城・福島からのお店が集ってマーケットが開催されます。雑貨屋さんや家具屋さんでお買い物を楽しみ、パン屋さんやカレー屋さんで昼食。またお買い物を楽しんだあと、お菓子や珈琲で一休み。最後はお漬物やお菓子をお土産物にどうぞ。ご家族で楽しめる一日です。
◎日 時:「雪見の宴」2013年2月22日(金)・23(土)18:00〜(開場17:30)
     「春待ち市」2013年2月23(土)・24日(日)10:00〜15:00
◎入場料:「春待ち雪見の宴」前売り予約制
     (春待ち雪見の宴4,200円/一人、春待ち雪見の宴・お泊りプラン,8,400円/一人)
     「春待ち市」無料
◎会 場:川西温泉「浴浴センターまどか」
     山形県東置賜郡川西町上小松5095-36(駐車場あります)
◎ご予約:「浴浴センターまどか」TEL 0238-42-4126
◎お問い合わせ:やまがた里の暮らし推進機構
     山形県東置賜郡川西町吉田4690
     E-mail info@satonokurashi.jp TEL 0238-54-3006/FAX 0238-54-3007
*春待ち市と雪見の宴:http://harumachiichi.com
春待ち市と雪見の宴
^
LIFEKUは、2月の仙台「おとのわ」に参加いたします。(2013.01.18.FRI)
東北から子ども達の安全な未来と、あたらしい暮し方を自分たちの手で育み、発信していけるよう、音楽をエネルギーに、歌い、踊り、つながり合う場「おとのわ」に参加いたします。
◎日時:2013年2月3日(日)開場12:00〜閉場18:30
◎入場料:前売¥2,500、当日¥2,800(おとのわ通貨お買いもの券¥500付、ドリンク代別¥500当日)
 全席自由 *中学生まで無料
◎会場:Rensa(レンサ)http://www.rensa.jp
 仙台市青葉区一番町4-9-18 TICビル7F
 TEL:022-713-0366
*おとのわプロジェクト:http://otonowa.blogspot.jp/p/blog-page_05.html
 TEL:090-2954-7719(平日12:00~19:00)メールアドレス : otonowa2012@gmail.com
おとのわ
おとのわ
^
児童養護施設「福島愛育園」様へサッカーボール贈呈。(2013.01.12.SAT)
忙しい中、ライフク実行委員として活動してくれている福島市出身で横浜F・マリノスのコーチを務める小坂雄樹さん。年末年始、帰省の際、なんとサッカーボール10個を子供達に渡して欲しいと私たちに預けてくれました。2013年1月12日(土)、児童養護施設「福島愛育園」様へ預かっていたサッカーボールを贈呈しました。お話をさせて頂いたのは事務長兼副園長の長谷川文夫さん、総括主任・児童指導員の遠藤嘉邦さんのお二人。「部活動で使う道具類を購入することがなかなか出来ないのが現状で、子供たちが楽しく遊べるサッカーボールは、とても嬉しいです。」と遠藤さんが笑顔で話してくれました。小坂雄樹さんは来福するたび、「何か出来ることはないか、現状を聞かせて欲しい。このようなことであれば、いくらでも協力するよ。」と言ってくれます。小坂さん、いつもありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
*児童養護施設 福島愛育園:http://www1a.biglobe.ne.jp/fukushimaaiikuen
 〒960-8156 福島市田沢字躑躅ヶ森(つつじがもり)16
 TEL 024-549-0596 FAX 024-549-6101
横浜F・マリノスコーチ小坂雄樹さん
横浜F・マリノスコーチ小坂雄樹さん
福島愛育園事務長兼副園長の長谷川文夫さん、総括主任・児童指導員の遠藤嘉邦さん
福島愛育園事務長兼副園長の長谷川文夫さん、総括主任・児童指導員の遠藤嘉邦さん
2017 / 2016 / 2015 / 2014 / 2013 /
2012
pagetop