LIFEKU
facebook twitter twitter
アサノコウタ
屋内の大地
アサノくんに会ったのは、一昨年の私達の企画していたFOR座RESTのスタッフとして働いてくれた時からです。雨に濡れながも一生懸命手伝ってくれたのが印象的でした。
そんな彼が去年の震災と原発事故で避難している方々に対して、避難所でのワークショップやバスツアーなど、色々なボランティア活動をしていました。そんな中、知り合いの二本松市の松本さんから「商店街で空きテナントが出たので、何か人の集まるコミュニティースペースを作ってもらえないか」との依頼があったそうです。震災前は人が足を運ぶところや集まる場所はカフェなどであり、震災後は放射能の事を考えなくてはならないと思い、昨年8月に企画した子供たちの新潟バスツアーで、思う存分自然と触れ合っている子供たちを見て、人が集まれて自然のものと触れあえて、放射能を考えなくていい場所を作ればいいのではと思い、『屋内の大地』ができましたと話します。
県外や国外から、葉っぱ、土、砂、石、松ぼっくりなどを集め、ツイッターやフェイスブックでの呼びかけに、屋久島や静岡、大分、ボストンなどからも続々と葉っぱや砂などが沢山届いたそうです。子供たちは葉っぱを手にしていろいろな形を楽しんだり、石に顔をお絵かきしたり、砂で山を作ったりして直に触って遊ぶ事ができ、『屋内の大地』には毎日子供たちが遊びに来ています。
私は、福島から離れていても福島の子供たちを考えている人たちがいる事に驚き、感動しました。そんな方々に声かけをして行動し、作り上げた『屋内の大地』を是非見てほしいと思います。
◎『屋内の大地』インフォメーション
*住所:福島県二本松市本町2-106
*電話:024-529-6225
*開園時間:月・水・金:15:00~19:00/土・日:10:00~19:00(入場無料)
*『屋内の大地』facebook:http://www.facebook.com/Earth.in.Architecture
藪内義久
Interviewer
OPTICAL YABUUCHI
藪内義久
2012.05.16
アサノコウタ
アサノコウタ
pagetop