LIFEKU
facebook twitter twitter
Total Plants bloom
Total Plants bloom
「何をしているんですか?」と咄嗟に聞いてしまった。野田町の住宅地にひっそりと佇むTotal Plants bloom。店内には観葉植物や多肉植物、枝物が所狭しと並んでいる。切り花はもちろん、フラワーベースや鉢、雑貨もある。天井近くまでグリーンが飾ってあり、まるで森の中に迷い込んだようだ。一瞬、植物が自分に迫ってくるような錯覚に襲われる。店の奥にカウンターがあり、奥さんが作業をしていた。白い皿の上で、少し悩みながら花を刺している。
「こんにちは。何をしているんですか?」
「え、これはね。ケーキアレンジメントをしているの。」
「え、何ですか?」
「お花でケーキを作っているの。」
まだうまく呑み込めない私を見て、奥さんがくすくすと笑う。どうやら、花をケーキに見立て贈り物にするというアイディアらしい。箱に入れ、リボンを掛けると何処から見てもケーキにしか見えない。これを貰った人は、中に花が飾ってあるなんて夢にも思わないだろう。それを想像すると笑えるし、きっと凄く喜んでくれるだろう。サプライズで花を贈りたいというお客様から相談を受け、店主・芳賀さんが思いついたそうだ。それにしても面白い。私がこの店を好きなのは、花束やフラワーアレンジメントをお願いすると想像以上のものを作ってくれるところだ。その人の要望に合わせた上で工夫がある。しばらくして、芳賀さんが配達から帰ってきた。
「どうも!!こんにちは。」
大きな声が店内に響く。ブルームは普段なかなか見ることが出来ない花材が多く、取り扱っているものにセンスを感じれるお店だ。それをセレクトしているのが芳賀さん。手に入りにくいモノが大好物で、感度の高いお客様からの信頼も厚い。自分のことをよく変態と言っている(笑)。この人の凄いところは、配達をしながら他店、他業種と繋がりをつくり、仲良くなってしまうところだろう。彼はとても明るい性格で人脈も多く、情報量が半端ない。そのため、各方面で一緒に仕事をすることが多く、店頭ディスプレイやイベント出張でのフラワーアレンジメント、地元作家とのコラボレート作品など新しいことに次々とチャレンジしている。本人はまだまだやりたいことがあって、そのうちの半分も出来ていないと、ぜんぜん満足していない様子。
「今日もこれから○○○の店頭ディスプレイに行くんだよ。」
と忙しそうだ。ちなみに、いろんな場所へ配達をする芳賀さんは、福島市の美味しい飲食店をたくさん知っている。私もお世話になっているひとりだ。お店へ遊びに行ったら、その辺も詳しく聞くといいと思う(笑)。
PICK-UP
Interviewer
PICK-UP
藁谷郁生
2011.10.25
Total Plants bloom
Total Plants bloom
Total Plants bloom
pagetop