LIFEKU
facebook twitter twitter
なまず亭
「なまず亭」CINEMA dub MONKS LIVE
駅前東口からほど近い、福島市栄町にある「なまず亭」。この店はアフリカンミュージック、ソウル音楽などをBGMに、飲食を楽しめるブルースバーだ。ビルの三階にある店は、福島駅前の風景からは想像できないほど、とても異質な場所で、初めて来た人は皆驚く。薄暗い店内には、ハイネケンの空き缶で作ったランプシェードがうっすらと灯り、天井にはミラーボールが輝く。壁に映画や音楽関連のポスターがいたる所に貼ってある。奥にライブステージがあり、手前にテーブルと椅子が並ぶ。ステージのちょうど反対側が横に長いカウンターになっていて、常連はここでマスターと話しながら飲んでいることが多い。カウンター脇にDJブースがある。
数十年前、私が20才頃から通っているこの店で、多くの友人に出会い、たくさんの素晴らしい音楽に触れた。マスターのジョニーさんは、ブラックや民族系の音楽に詳しいのはもちろん、他愛のない話がユーモアたっぷりで面白い。そして、外見とは裏腹にとてもマメな一面も覗かせる。ライブを聴きに行ったとき、その場で撮った写真や、お店で気になったCDを焼き増しして わざわざ職場まで持ってきてくれたりする。しかも翌日だったりするから驚くのだ(笑)。もちろん、約束事もきっちりとしている。
2012.12.08(sat)、福島県在住オーガナイズチーム「音連れ-OTOZURE-」企画、CINEMA dub MONKSのライブが開催された。
◎CINEMA dub MONKS
曽我大穂氏とガンジー西垣氏を中心に結成。“物語のある音楽”をテーマに、フルート、ウッドベース、ピアニカ、テープレコーダーなどの楽器と、各地でフィールドレコーディングした音を絡ませた即興演奏からなる。四度の欧州ツアーや、大型フェスティバルに参加。「ハナレグミ」、「二階堂和美」など、様々なミュージシャンのレコーディングや、ライブサポートメンバーとしても活動している。(HPより一部抜粋。)
久しぶりに聴き入ってしまった雪夜のなまず亭、CINEMA dub MONKS・・・。音楽と映像を混じえた圧倒的なパフォーマンス。長く、深い演奏。曽我さんが奏でるリズミカルなハーモニカ、フルート、ガンジーさんの地を這うようなウッドベース。映し出す情景に二人が重なる。間近で聴いていた私は、映像に写るガンジーさんの影を追う。渇いた音を吸い込むように、狂喜に満ちた音を奏でる。物語のような音楽、一本の映画を体感した。途中、曽我さんの粋な計らいがあった。最高の夜は、なまず亭19才誕生日と共にあった。
ライブはその時、その場所でしか味わえない一体感がある。それは、やっぱり行かないと分からない(笑)。なまず亭では、定期的にライブやDJイベントが行なわれている。皆さん、ぜひ足を運んでほしい♪
*CINEMA dub MONKS:http://www.cinemadubmonks.jp/
藁谷郁生
Interviewer
PICK-UP
藁谷郁生
2012.12.08
なまず亭
なまず亭
なまず亭
なまず亭
pagetop